トルコ

水中考古学50年

今年、2010年は水中考古学が誕生して50年の節目の年となっています。いつからが水中考古学の始まりかと聞かれると、人によっては違う意見もありますが、一般的にジョージ・バス先生によるケープ・ゲラドニアでの発掘だといわれています。ケープ・ゲラドニアで始めて考古学者自らが潜って、陸上とまったく同じ(もしくはそれ以上の)正確なスタンダートで沈没船を発掘・記録したことに紀元があるとされています。今年は、その発掘から50年目にあたります。

これを記念して、夏にケープ・ゲラドニアで再び発掘が行われました。当時は沈没船すべてを発掘できなかったので多少残っていた部分などもあったようです。50年前に発掘に携わったジョージ・バス先生も実際に水中に潜り遺跡をその目で再確認しました。また、当時のメンバーのうちまだ潜れる数名が遺跡を訪れています。著名な画家のヘンリー・マチスの孫であるクロードさんも50年前とそして今回も海に潜っています。当時のメンバーは陸の上ではもうすっかりおじいちゃんですが、水に入ると若い人顔負けの凄腕ベテランダイバーに返信します…

ナショナル・ジオグラフィク社がケープ・ゲラドニアの記事を書いていますので、リンク先をご覧ください。当時の写真の今年の写真があります。

これから50年先はいったいどんな水中考古学が発達するのでしょうか?これからはアジアや日本にも期待がされています。ちなみに、ケープ・ゲラドニア遺跡を始め、世界のほとんどの水中遺跡を発見したのは考古学者ではなく漁業関係者やファンダイバー達です。水中遺跡かな?と思ったら触らずに専門家に連絡を取りましょう。水中では陸に比べて保存状態が驚くほど良いことがあるので、昨日沈没したように見える舟でも何百年も前に沈んだ船である可能性もあります。水中文化遺産は人類共通の遺産であることを認識し、ダイバーと考古学者など協力して文化遺産の保護に取り組んでいきましょう。

トルコの水中遺跡

トルコ、イズミルの近くのウルラ海底遺跡で発掘が始まったそうです。この調査はアンカラ大学が主体となっています。

この遺跡は2007年に紀元前7世紀頃のイカリが発見されたことが今回の調査のきっかけとなっています。この遺跡は古代の港跡で、約6000年前から使われ始めたものだと考えられており、青銅器時代には主要な港であったと考えられています。紀元前7世紀に起こった地震の被害を受けた後は衰退していったもようです。

今回の調査はイスラエルのハイファ大学などからも協力を得て発掘を行っているそうです。

19 March 2009 | Archaeologists announced today they have begun underwater excavations of the prehistoric site of Limantepe in western Turkey.

The underwater research, headed by Professor Hayat Erkanal of the Archaeology Department of the Ankara University, explores the prehistoric settlement located in the coastal town of Urla near İzmir in western Turkey.

The harbour settlement was inhabited as early as starting from 6,000 years ago and, as such, it is one of the oldest known artificial harbours in the Aegean Sea. A big part of it, including a fortification wall, was submerged in the sea due to a massive earthquake which occurred in 700 BC, according to Erkenal.

Layers from three different periods have been found at Limantepe. The lowest layer belongs to the Early Bronze Age and dates from the third millennium BC onwards. The second one dates to the Middle Bronze Age from the first half of the second millennium BC onwards.

According to experts, evidence from these two early periods indicate cultural ties with the nearby prehistoric sites of Tepekule, Bayraklı within the city of İzmir and the Panaztepe site at the mouth of the River Gediz.

The third layer belongs to the Late Bronze Age and covers the time period from the fourteenth to the thirteenth century BC, with some artifacts discovered from this period suggesting a cultural proximity with the Mycenaean culture.

According to Erkanal, Limantepe was a major sea transportation centre with large political significant in the Aegean Region in 3000 BC.

Interest in the site grew in 2007 when a wooden anchor dating from the seventh century BC was discovered wedged in the sea ground during underwater explorations. It is said that it could be the oldest such anchor ever found.

The current excavations are being carried out with the support of experts and equipment from Israel’s Haifa University.

Read more about Turkey on BalkanTravellers.com
Use BalkanTravellers.com’s
tips to organize your trip to Turkey