トレジャーハンター、財宝、沈没船

トレジャーハンターには困ったもんだ。考古学ではないのだから…

1857年9月、アメリカ・カリフォルニア州の沖でニューヨークに向かう途中の船がハリケーンに遭遇し、沈没。乗客や乗組員含め425名の方が亡くなりました。この船、SSセントラル・アメリカ号は様々な理由で現在でもとても有名です。

ここ数日、日本の某テレビ局など数社で似たようなニュースが報じられているようですが、アメリカのトレジャーハンティング会社がこのSSセントラル・アメリカ号から金塊をサルベージしたそうで、売却すると相当な金額になるようです。

もちろん、これは考古学調査ではないので、残念ながら歴史的資料はあまり得ることができません。また、この沈没事故で亡くなった多くの方々への配慮を考えた行為であるとは思えません。悲劇の事故のはずなのですが…注目を浴びるのは積まれていた金塊で、それも売却して個人的にお金を儲けるためだけの行為。

実は、この船は20年ほど前に別のトレジャーハンターが一部引き上げを行って一躍有名になりました。本なども書いています。しかし、スポンサーに配当金を払うはずだったそのトレジャーハンターが金塊を持ち逃げ指名手配となっています。未だに見つかっていないそうです。金塊は溶かして闇ルートで売られたのか?本人はどこに?

先日からニュースとなっている韓国の沈没船。タイミング悪く水中考古学のネタを放送する予定だったポケモンはテレビ局が放送を自粛・延期(中止)しました。また、WOWOWも映画タイタニックの放送を延期。そのような中で、このようなニュースを扱ってしまって良いのか?また、一部ではありますが、この行為を考古学と勘違いしている人もいるようです。

ちなみに、来週からハワイでアジア・太平洋地域の水中文化遺産の保護を呼び掛ける学会が開催されます。UNESCOの水中文化遺産保護条約や人道的・考古学的な水中遺跡(沈没船を含めた)を知る上では良い機会ではないでしょうか?アジア・太平洋地域から多くの水中考古学のエキスパートが集まります。インドネシアやスリランカなど近年水中考古学に力を入れている国からの発表などいろいろと新しい情報が聞けることでしょう。報道機関・関係者の方にもそろそろ本当の水中考古学を知ってもらう良い機会であると思います。

引き上げた遺物はスペインに返還するべき…

ここ数年前からフロリダ州のトレジャーハンター会社が引き上げた財宝をめぐりスペイン、アメリカ、ペルーなど各国が裁判を起こして注目を浴びています。財宝(船の構造やその他の遺物について情報がないのが残念ですが…)はコードネーム「ブラックスワン」から引き上げられたものですが、スペイン、ペルー政府はこの沈没船をスペイン船籍のメルセデス号と断定し、遺物はスペイン政府が管理することを主張。

裁判は数ヶ月続いていたようですが、アメリカの裁判側が遺物はスペイン政府のものであると特定し、遺物をスペイン政府に引き渡すことを要請しています。沈没船から金銭価値のある遺物を引き上げた会社はこの沈没船をメルセデス号と断定することはできないと主張しています。

 

 

MIAMI (Reuters) – A U.S. judge said a shipwreck found by an American treasure hunting company is the Spanish warship Mercedes and its loot should be returned to Spain, but the firm said on Thursday it would contest the non-binding decision.

The recommendations on Wednesday by a magistrate judge in Tampa, Florida, marked the latest step in a lengthy battle between the treasure huntersOdyssey Marine Exploration Inc, and the governments of Spain and Peru over nearly 600,000 silver and gold coins valued at some $500 million.

The Spanish government hailed the decision from Magistrate Mark Pizzo, which called for the treasure to be returned to Spain within 10 days. But it was simply a recommendation to a U.S. district court judge, who will issue a final order.

“I am delighted that the judge has ruled that the ship belongs to Spain and the treasure belongs to Spain. It is a very important decision,” said Spanish Culture Minister Angeles Gonzalez-Sinde, adding it set an important precedent.

Odyssey’s shares closed nearly 43 percent lower at $2.21 on the Nasdaq exchange on Thursday.

The company said the magistrate’s recommendations would have no impact on its balance sheet because the coins were never treated as assets.

Odyssey discovered wreckage and a 17-tonne haul of artifacts in March 2007 in international waters about 100 miles west of the Straits of Gibraltar.

Spain said the coins came from the Nuestra Senora de las Mercedes, a frigate carrying treasure back from Peru when it was sunk by British gunboats off the Spanish coast in 1804.

Spain claimed the loot as its own, but not before Odyssey had flown the treasure to Florida from Gibraltar, a British territory.

CODE NAME ‘BLACK SWAN

The Mercedes sank in the first few minutes of the Battle of Cape St. Mary’s as an explosion ripped it apart, killing more than 200 sailors. The attack led Spain to declare war on Britain and enter the Napoleonic Wars on the side of France.

Pizzo said in his report there was solid evidence the wreckage was that of the Mercedes, as Spain argued.

“The debris field’s location, coins, cannons and artifacts persuasively match the Mercedes historical record,” he wrote.

He said the Tampa court did not have jurisdiction in the case and recommended the artifacts be returned to Spain.

Odyssey, which had code-named its recovery project “Black Swan,” said it planned to file a written objection to the decision and would “vigorously defend its rights to what it has legally recovered.”

“We’ll be back to argue the merits of the case,” Odyssey chief executive Greg Stemm said. “Odyssey has done everything by the book. For the court to find that enough evidence exists to conclusively identify the site as the Mercedes … is just wrong.”

Peru, which was ruled by Spain at the time the Mercedes was sunk, entered the legal fray in August when it filed a claim for information with the Tampa court. The filing said the coins may be “part of the patrimony of the Republic of Peru.”