船での排泄物

Those Vulgar Tubes: External Sanitary Accommodations Aboard European Ships of the Fifteenth Through Seventeenth Centuries (2nd ed) (Studies in Nautical Archaeology, No 1)
Those Vulgar Tubes: External Sanitary Accommodations Aboard European Ships of the Fifteenth Through Seventeenth Centuries (2nd ed) (Studies in Nautical Archaeology, No 1)
Joe J., III Simmons
Texas a & M Univ Pr (1997-12)
ペーパーバック (ASIN: 0890967881)

価格: ¥ 2,543 (税込)
Amazon.co.jp で商品情報を見る

  船、特に大航海時代では長い期間乗っている必要がある。その場合、排泄はどのようにしているのか?知っているようで知らないことが多いようです。生活の中で当たり前のことであり、だれでもやったことがあるのは確か。 なのになぜかタブーのような... 船が小さければそのまま外に向かって出来ますが、人がたくさん乗っている船、嵐などの時はどうしていたのか?船が何段か構造が出来れば、上から身を乗り出して用をたせば、風向きによっては下の誰かにあたるかも? 
  船のトイレの歴史がこの一冊でわかります。主に大航海時代のものです。分かりやすく一般向けに書いてあるので、英語の勉強にもなると思います。 そして、読んでみておもしろい。 それほどページ数も多くないのですぐに読めます。 日本でいう”考古学”はあまりこの本からは学べません。海事史資料を使ってトイレの変遷を調べています。TexasA&Mの生徒だった人が書いたものなので、きちんとした考古学的証拠も多少使って書かれています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です