南米コロンビアとスペインが合意

たびたびここで紹介しています...

南米コロンビアで発見されたガレオン戦サンホセ号。歴史に名を残す沈没船の中ではとびぬけた莫大の財宝を積んだ船だといわれています。1708年、南米産の金など財宝を多く積んだスペインのガレオン船San Jose号は、イギリスとの海戦に遭い、撃沈させられてしまいました。トレジャーハンターたちが探索を繰り返していました。

数年前に、コロンビア政府が発見したことを公表しました。すると、すぐにあるトレジャーハンター会社が、「我々が以前発見したものだ!」と主張。実際、その会社はコロンビア政府と契約を結んで探査を行っていましたが、その後、契約切れとなっていたようです。

ニュースメディアは、話を大きくするようで、この財宝がどうなるのか、ガレオン船の所有権を主張できるスペインはどう出るか!などメディアが取り上げていました。が、最近の世界の流れはトレジャーハンターや水中遺跡から出土する遺物の売買することに対して冷たいのが現実。

この度、どうやらスペイン政府とコロンビア政府が合意。すべての遺物は国の文化遺産として保護され、売買されることは全くないそうです。世界最高額ともいわれる積み荷は、しっかりと文化遺産として守られることになりました! ニュース記事はこちらから。

 

観光資源としての活用、また、国の誇りとなる遺産となることでしょう。正式に政府間で合意・公表されたので、一件落着。いや~実は、私個人は、最初からこのようになると信じていました。(過去の記事を見ればわかるでしょう)

サンホセ号の発見について

先月の時点で、コロンビア政府が文化遺産として保護を決めたことを公表。この時点で、スペインの返事が未だでした。

コロンビアの財宝~国の文化遺産

だいぶ前から話題になっていましたが、数年前はどうなるかわからない状況でした...ね。騒ぎたいメディア関係者は...

ナショジオの記事(サンホセ号の最大級の財宝めぐり三者が名乗り南米コロンビア沖で発見、10億ドル超の財宝か)2015年の記事。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/b/121000058/

 

 

引用元:http://www.ilawjournals.com/spain-and-colombia-agree-not-to-sell-the-remains-of-the-galleon-san-jose?fbclid=IwAR3SiqOidEEsl9omMOm-1MNyJITb41zCzNdfajKqjoGxhVxKdVDzqwrlEPM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です