イラン水中考古学 船の積荷発見

イランの水中考古学チームがイラン南部のBoushehr地域のRig港のそばでParthian時代(247 B.C. to A.D. 228)に貿易に使われた樽が発見された。 10個の樽が発見され、これらの樽はワインなどの貿易に使われた。 髪飾り、鎧、イカリなども発見された。 これらの遺物はきちんとビデオカメラなども駆使して記録されたとHussein Tofighianさんは語った。 この他にもこの地域には貴重な水中遺物が点在しているという。 これらの遺物は船に積まれていたと思われるが、波の影響や漁業により船自体は完全になくなってしまったのだろうという。 

引用元:http://www.iranian.ws/iran_news/publish/article_6337.shtml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です