中国の船――大量の陶磁器発見 Part 2

インドネシアで中国の中世の沈没船がまたトレジャーハンターによって引き上げられたそうです。2006-2007年にかけて遺物がオークションで売られます。遺物の種類などから10世紀頃の船だと想定されます。

さて、またこのようにトレジャーハンターによって遺物が引き上げられました。10世紀の船は珍しいので考古学者によってきちんと発掘されなかったのは残念です。水中・海洋考古学の保護に国家がもっと注意を払えばこのような文化遺産の破壊は無かったでしょう。今回の破壊行為によってインドネシア、また日本やアジア諸国が真剣に文化遺産保護に取り組むきっかけになってもらえれば良いのですが...
(Randy S)

引用元:http://www.gulf-news.com/Articles/WorldNF.asp?ArticleID=180663

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です