いろは丸について

坂本竜馬のいろは丸の調査の報告がされてます。もちろん(久しぶりの)日本語のニュースです。

竜馬率いる海援隊の「いろは丸」は一八六七年、紀州藩の明光丸と衝突し鞆町沖で沈没した。沈没船は一九八八年に地元住民団体「鞆を愛する会」のメンバーが発見。水中考古学研究所が一九八八~八九年、三回の潜水調査で遺物数百点を回収し、沈没船が「いろは丸」であることをほぼ明らかにしていた。とのことです

引用元:http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200508300002.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です