ガーナのプロジェクト

UWFことUniversity of West Floridaのチームがガーナでs-ヴェイのプロジェクトを始めたそうです。1482年にポルトガルが砦を建設して以来。ヨーロッパの船などがたくさん往来しました。このサーヴェイではサイドスキャンソナーを使い、約70個ほどのターゲットが確認されたようです。これらのターゲットをもっと詳しく調べていくそうです。ガーナ国内の水中文化遺産のマネージメントの手助けをすること、また将来水中考古学リサーチセンターなども設立することも視野に入れているそうです。

引用元:http://www.pensacolanewsjournal.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20051013/NEWS04/510130316/1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です