サイパンの水中考古学

アメリカの一般向け考古学雑誌「Archaeology」にサイパンで行われている第二次大戦の水中遺跡についての記事が掲載されています。

もちろん遺物は戦車や戦闘機など水中に沈んだものですが、陸上の戦争遺跡なども視野に入れサイパン島全体の遺跡の分布を調べています。現在の状況のまま放置しておくと劣化が進み将来は調査ができなくなってしまうでしょう。これらの遺跡がなくなる前に調査を行いサイパン島の歴史の研究に役立ていくそうです。

これらの遺跡・遺物は戦争遺跡ですので発掘などは伴わない事前調査です。多くの日本人の方に知ってもらいたいプロジェクトです。この調査はフリンダース大学などが中心隣進めています。

引用元:http://www.archaeology.org/1105/features/world_war_II_pacific.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です