海賊「黒ひげ」の船とほぼ断定

何度か紹介している海賊「黒ひげ」の沈没船クイーン・アンズ・リベンジ号の調査について。もちろん、漫画「ワンピース」ではなく実在した黒ひげの船のことです。実は、沈没位置から黒ひげのものであるとほぼ確定していましたが、その決定的な証拠となる遺物は発見されていませんでした。しかし、先日、調査している研究者から黒ひげの船であると断定したと発表されたようです。

最近の発掘調査により断定できるものとして次の遺物が挙げられます。1705年と刻印された鐘。また、クイーン・アンズ・リベンジ号はもともとフランスの船であって、黒ひげが略奪したものです。そこで、発見されたのがフランス王家の紋章が刻まれた分銅。他にも樽の中に隠されていた金粒など。これは、船員が隠していたものでしょう。などなど。中にはまだ決定的でないと思う人もいるかもしれません。例えば、船の名前が描かれているものなどあれば決定的ですよね。まあ、このような遺物は殆ど発見されません。船の出港地、年代が刻まれたものなどから断定するのが普通です。その他の遺物や位置、持ち物や、船の作り方などいろいろと証拠を積み重ねて今回の結果が出たと言うことでしょう。

引用元:http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110831002&expand

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です