アジア水中考古学研究所 研究報告会のお知らせ

アジア水中考古学研究所 研究集会(連絡会)が開催されます。

 

開催日時 2月22日(土)13:30~17:00

会  場:東京海洋大学・越中島キャンパス(寮地区) 85周年記念会館・2階集会室1      東京都江東区越中島2-1-6

 
内  容
1.ミクロネシア連邦チューク諸島、太平洋に眠る水中戦争遺跡の保護と課題:水中考古学フィールドスクールの報告
和泉亜理沙、伊藤佑真、杉浦可奈子、浜田直樹、山舩晃太郎

2.水中文化遺産のデジタル保存:フォトグラメトリによる水中遺跡の3Dモデル作成と活用
山舩晃太郎(アパラティス代表)

 世界ふしぎ発見! で紹介された山舩さんが講演を行います。主に海外で活躍していますので、日本で彼のお話が聞けるチャンスです! フォトグラメトリー(デジタル写真による遺跡の3次元復元)は、これからの水中遺跡調査には必需のテクニック!水中考古学の未来がここにあります!

 

どなたも参加可能です。どうしても参加できない方は、お知り合いの方にお伝えください!

引用元:https://blog.canpan.info/ariua/archive/844

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です