Santo Antonio de Tanna

1681年に作られた船で1697年にケニアのモンバサで沈没した、Santo Antonio de TannaはINAのチームにより1977-1980年に一部発掘されました。この船はポルトガル人が中心となり作ったのですが、ある国で現地の住民と共に作りました。その作られた場所とは?

  1. マカオ
  2. ジャカルタ
  3. 琉球
  4. ケープタウン
  5. ゴア

正解を確認する »

[ 正解 ]

5. ゴア

この船は竜骨の長さが約30mあったと考えられています。現在発見されているただ一つのインドで作られたポルトガルの船です。そのため、この船がポルトガルでポルトガル人によって作られた船とどれだけ違う作りだったのか?などこれからも研究が進められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です