1679年 五大湖 Griffin

1679年に五大湖に最初に到達したヨーロッパの船、Griffin(フランス)が発見されました!とのニュースです。ただし、まだ完全に本当にGriffinかどうかわかっていません。また、どうやらサルベージ会社が発掘を担当することになるかもしれないとのこと。詳しいことはまだ良く分かっていませんし、決まっていないようです。しかし、この船はフランス国王の指示のもとにあったので、フランスの持ち物になっています。そのため、発掘や調査にはフランスの許可やフランスの研究者と合同で進めることが(国際法で)決まっています。この船は有名なフランスの冒険家、La Salleの船でした。五大湖の歴史で重要な船なので研究者が長年探し続けていました。このLa Salleですが、この時、Griffinのは乗っていませんでした。しかし、La Salleはその後、メキシコ湾にてLa Belleという名前の船に乗っていたときに沈没しました。このLa BelleはテキサスA&Mのチームによって発掘されました。何万点にも及ぶ遺物、船も残っており、現在保存処理が進められています。もしGriffinの発掘が進めば、保存処理はテキサスA&Mのモデルをもとに進めることが検討されているそうです。

現在、私はテキサスA&M保存処理ラボで働いているため、このGrifiinの姉妹船ともいえるLa Belleからの遺物の保存処理作業を行っています。非常に興味深い発見です。五大湖の歴史がもっと詳しくわかるとても重要な発見です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む