エルトゥールル号

なにわの海の時空館「よみがえる軍艦 エルトゥールル号の記憶」

和歌山県串本で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号関連の催しものがなにわ海の時空間で行われるそうです。写真家の赤木さんのよるギャラリー、トルコの音楽などいろいろなイベントが開催されています。

以下、海の時空間のウェブサイトからの引用です。

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館では平成23年10月4日(火)から11月6日(日)まで、「よみがえる軍艦 エルトゥールル号の記憶~日本とトルコの絆~」を開催します。 1890(明治23)年9月16日、オスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」は、台風により和歌山県串本町大島沖で座礁しました。この時、500名以上の乗組員が命を落としましたが、駆け付けた地元住民の献身的な救助活動によって、69名の生存者を得ることができました。悲劇の遭難事故ではありましたが、この出来事は、日本とトルコで広く語り継がれ、両国の絆の象徴ともされています。
2008年より、エルトゥールル号遭難海域の水中で、発掘調査が行われました。本展では、120年もの時を経て引き上げられた遺物を展示するとともに、発掘調査・脱塩処理・保存処理・復元・写真記録・遺物の研究など、水中考古学を取り巻く様々な活動を紹介します。また、発掘調査が行われていた串本沖やトルコの海中の様子を3D映像などで体感していただけます。

トルコ軍艦「エルトゥールル号」保存処理進行中

和歌山県串本沖で発見された19世紀末のトルコ軍艦「エルトゥールル号」の調査で回収された遺物の保存処理が行われています。この沈没船はトルコと日本の友好を深めるきっかけになった船です。遭難した船の乗組員を日本の大島・串本の住民が介護をしたことで有名です。

保存処理は遺物によっては何十年と掛かることがあります。鉄は特に厄介で、錆が進行すると、周りの遺物や砂、貝がらなどを取り込んで膨れ上がります。てんぷらの衣のようになります。一見するとコンクリートのようにかちこちですが、中に遺物が詰まっているため、海中でばらばらにするよりもまとめて引き揚げて、保存処理をしながら解体していく作業になります。そのため、発掘してから何年もしてから貴重な遺物が見つかる場合もあるのです。

エルトゥールル号の今年の調査は発掘は行っていないようですが、このコンクリーションの中からさまざまな遺物がでてくることでしょう。今回発見されたのはコーヒーミルだそうです。

「エ号」関連のニュースはいろいろありそうです。映画が作成されているとか?いや、発掘の映画ではなくて、「エ号」についての。トルコの映画っていままで2-3作しか見たことがないのですが、日本でも公開されるようですね。

クロードさん!有難う!

フランスのダイバーといえばクストーが有名ですが、彼のチーフダイバーとして活躍したクロード・デュテュイさん(75)がこのほどトルコのボドルム海洋考古学研究所に1ミリオンユーロ(約1.5億円)を寄付しました!

クロードさんはかの有名な画家マチスの孫にあたりマチス財団を管理しています。彼は50年以上も海洋考古学に携わっており以前にも寄付を行っています。彼はちょうど1月に和歌山県串本にエルトゥールル号事前調査にも参加しました。今後彼の貢献をトルコの海洋考古学の貢献に役立てるために積極的に活動を行っていくことでしょう。

ダイブが終わり390円のお弁当を食べているところ。おいしかったそうです。

ちなみにクロードさんは日本好き!また日本のダイバーにも一緒になり串本ではみんなの人気者でした。75才にしてダイビングを楽しんでいました。

こちらはワイン?を飲んでいるところ


クロードさん!有難う! の詳細は »