海事考古学

スリランカ海事考古学博物館

スリランカで海事考古学博物館がこのたび新しくオープンしたそうです。以前は同敷地に博物館があったそうですが、2004年の大津波の際に倒壊したそうです。このたび、新しく海事考古学博物館としてリニューアルされたそうです。この博物館ではスリランカ周辺海域から発掘された遺物や、古代の海図、船舶などいろいろな海に関わる遺物が展示されてています。スリランカの総理大臣Rathnasiri Wichramanayaka(あえてカタカナ表示しません…)氏などが開館記念式典に参加したようです。

今後も地域の海事・海洋考古学の発展、これからの世代の育成に影響を与えていける博物館であってほしものですね。

Colombo Page Mar 04 2010.

Mar 04, Galle: Sri Lanka President Mahinda Rajapaksa today declared open the country’s first Maritime Archaeology Museum and the Visitor Information Center at the Old Dutch Warehouse in Galle Fort today.

The Museum newly established by the Ministry of Cultural Affairs and National Heritage in a 40,000 square feet faculty was built under a special grant of Rs.177 million from the Kingdom of the Netherlands.

The museum will display exhibits of marine artifacts discovered in explorations made in the ocean floor around Sri Lanka.

Artifacts relating to Maritime Archaeology, maps, naval craft and a host of articles including artillery guns, ropes, earthenware, beer mugs, smoking pipes, barrels, shoes used by the sailors, and items recovered from the wreckages of ships sunk in the sea off the Southern coast nearly 800 years ago.

The Museum previously existed before in Galle was completely destroyed by the Tsunami Disaster on 26th December 2004 and the present Museum is being established after renovating a massive old building constructed during the Dutch Era and situated within the historic rampart of Galle, the Ministry announced.

Netherlands Ambassador to Sri Lanka Ms. Leoni Cuelenaere, Commander of Navy Vice Admiral Thisara Samarasinghe, Prime Minister Rathnasiri Wickramanayaka, Minister Mahinda Yapa Abeywardena and Minister Piyasiri Wijenayaka also participated in the event.

Lionel Casson

悲しいお知らせですが、西洋海事史の権威、Lionel Casson氏が先日亡くなられたそうです。Casson氏は文献史学、水中考古学など1950年代からさまざまな研究分野から得られた資料をもとに西洋(特にギリシャ・ローマ時代)の海事史の歴史学のありかたを塗り替えてきました。海事史の第一人者として研究書だけでなく一般向けの本もいくつも出版され、精力的に活動を続けてきました。また、古代地中海だけでなくインド洋、近現代の船も研究の範囲としてしていました。彼の書籍を通じて数々の考古学者が海事史に興味をいだき、新しい研究者として育っています。

あけましておめでとうございます

2009年もいよいよスタートです。皆様にとって2009年が有意義のある年でありますように。

今年の水中考古学はいったいどのような動きがあるのでしょうか?世界的に景気が悪くなっているようですが、この学問は景気に意外と左右されやすい性質を持っていますが、それはどの学問も大体同じなのではと考えていますし、逆にこのようなときこそ情報を発信し人々の興味のある研究を紹介していきたいと考えています。

今年最初のニュースはユネスコ水中文化遺産保護法が正式に採択されて機能し始めることではないでしょうか?1月には動きがみえてくることでしょう。国や地域で水中文化遺産の保護・活用を考えることが現在必要になってきています。水中遺跡の発見やデータベースの作成、自治体の水中遺跡に関する認知度の向上などは資金が少なくても出来ますし、またひとつの遺跡の発掘よりも将来的に大きな意義を持つ活動だと考えています。2009年こそ日本国内で組織だった水中考古学・水中文化遺産を組織的に組み立てていく骨組み・基礎を築くのに良い年ではないかと思います。

さて、海外の動向ですが、なかなか何が発見されるからないものですが、景気を考えるとすこし深海考古学の発達の動きが鈍る可能性も考えられます。しかし、良いアイディアを持った民間企業が逆に伸びる可能性もあり、実際に有効的・効果的なテクノロジーに焦点をあわせた開発が進む可能も充分ありそうです。また、テクノロジーとの融合だけではなく、他の分野ー海洋学・地質学などーとも共同研究が行われています。地中海やアメリカなどでは大発見と言うようなものはそれほどなさそうですが、今まで発掘されてきた遺跡を総合的に研究し、他の考古学・歴史学の分野との融合を深める動きも見られるようです。10年前まで一部で存在していた「水中考古学は遊び」のような雰囲気は欧米では全くなくなっています。地中海などではウルブルンのような大きな発見などは期待できませんが、今まで研究がされていなかった地域はまだまだ発見がありそうです。

今後はアジアやアフリカでの発見が期待されています。アフリカのナミビアで発見されたスペイン船の今後の研究の動きも気になります。中国や韓国の研究者はやはり海外の研究者との結びつきを重要視し始めています。南海1号や蓬莱沈没船の研究事例が少しずつではありますが、世界の研究者の注目を受け初めています。また、鷹島海底遺跡に関する関心も海外で強まってきています。2010年以降は交際的・学際的な研究がより重要視されるものと思います。  

Journal of Maritime Archaeologyの最新号は海事考古学を大学でどう教えるかを議論

Springerから出版されているJournal of Maritime ArchaeologyのVol.3、Issue.2は「海事考古学における教育とトレーニングについて」の特集です。NASの新しいトレーニング教本を含めて、ここ最近では海事考古学で何を、どのように教えていくのかということに関して、改めて見直しが行われているようです。

アボリジニのロックアート(岩絵)と考古学

オーストラリアの先住民であるアボリニジの人たちが芸術に長け、ロックアートと呼ばれる岩絵を残していることをご存じの方がいるのではないのでしょうか。岩絵には1万年以上前の記録から近代までの時代幅は大変広いのですが、岩絵は彼らが日常体験した経験などを伝える大切な記録でもあります。岩絵のなかには船が描かれたものも多く、船のほとんどが異文化との接触の記録を伝えるものとして残されています。岩絵の船のなかで、船名が特定されているものもあり、さらには考古学的調査が実際の沈没船で行われた事例もあります。西オーストラリアで調査された19世紀の蒸気船ゼンソー(Xantho)はロックアートにも、その姿が描かれています。ナショナルジオグラフィックの記事にある、グリフィス大学の調査には海事考古学者も関わっています。