水中遺跡の歴史学

本の紹介です!

『水中遺跡の歴史学』 いろいろな分野の方が書かれています。水中考古学の専門家ではなく、歴史学など関連する分野の先生方が、水中遺跡から何を学べるのか?について語っています。

<目次>
序章 水中遺跡の歴史学

Ⅰ部 日本・アジアの水中遺跡
1章 日本における水中遺跡調査研究の現状 鷹島海底遺跡における元軍船の調査研究を中心に  池田 榮史
2章 韓国と中国の水中遺跡をめぐって  森  達也
3章 海上の道、海底の船  村井 章介

Ⅱ部 世界の水中遺跡
1章 沈没船遺跡の考古学  木村  淳
2章 世界史からみた水中遺跡——アジア歴史学研究の視点から 石橋 崇雄
3章 世界の水中遺跡の保存と活用  赤司 善彦
4章 諸外国における水中考古学教育とトレーニング  佐々木 蘭貞

Ⅲ部 文化遺産としての水中遺跡
1章 日本における水中遺跡の保護 水ノ江和同
2章 日本における水中遺跡の活用事例 禰宜田宜男
3章 文化資源学の観点から見た水中遺跡 松田陽
4章 水中遺跡の調査・保存の技術的課題 今津節生

おわりに 榎原雅治

はい、私も書かせていただきました… 水中文化遺産・考古学。

本の写真をクリックしたら、AMAZONに飛びます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です