チチカカ湖の遺跡に注目

日本語ニュースがあったので、お伝えします。

南部チチカカ湖(ティティカカ)で潜水発掘調査が行われています。数年前から調査が始まり、時折ニュースになっています。このサイトでも以前紹介しています。

 

 

湖の底から様々な動物の骨や貴重な遺物、高価な交易品などが発見されています。意図的に沈められたようで、紀元500年から1100年頃からチチカカ湖周辺では、湖底に品々を沈めて何らかの儀式を行っていたようです。日本でも琵琶湖の葛籠尾崎周辺では完全な形の縄文や弥生土器が発見され、儀式で沈められたものとする説もありました。

インカ帝国が発展し、この地域に影響を及ぼす数百年前の遺跡であり、注目を集めています。

詳しくは、日本語のサイトでご確認ください。

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6232820

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です