マヤ文明の製塩(水没)遺跡発見!

マヤを研究している水中考古学者が水没した、または海岸沿いの製塩場跡を新しく41箇所発見したそうです。 これらの遺跡はマヤの他の都市に塩などを供給していたのでしょう。 今までは4箇所ほどしか知られてませんでしたが、今回の発見では木造建造物などもあり、多数の製塩用の土器、カヌーのパドルなども確認されました。 塩が大量生産され、川を使って各地に運ばれていたのでしょう。 

引用元:http://www.timesleader.com/mld/timesleader/11309941.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です