ペルシア湾でイラン水中考古学チームがササン朝ペルシア時代の沈没船を発掘

Iran’s Cultural Heritage and Tourism Organization (ICHTO) and Archeology Research Centerが中心となって、ペルシア時代の沈没船を発掘調査する計画があるそうです。沈没船は70mの水深にあるようで、アラブ首長国連邦より技術面での協力を得てプロジェクトが進められるようです。

引用元:http://www.payvand.com/news/06/sep/1186.html

One Comment

  1. Randy

    これはかなり重要な発見でしょう。この地域で沈没船はほとんど見つかっていませんし、当時の船については分かっていないことが多いです。また、貿易のメカニズムの解明にも役立つのでは?イランの水中考古学の発展にもおおきな一歩を踏み出すことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です