スミソニアン博物館ー唐時代の沈没船展示キャンセル

スミソニアン博物館の事業で、インドネシアで発掘された唐の時代の沈没船の遺物の展示がキャンセルになりました。以前にもお伝えしましたが、このBelitung沈没船はトレジャーハンター会社によって発掘されたからです。考古学者は商業目的で発掘された遺物の展示に猛反対!結果として、博物館側はこの展示をキャンセルすることになったわけです。

しかし、この沈没船はアラブ・インドからの船で中国の陶磁器などを積んでいました。歴史的にも中国と西の世界を結ぶ海洋貿易の発達した初期の段階の遺跡で非常に価値があります。この沈没船をもとにオマーンでは船が復元されたり、シンガポールでは大きなミュージアムも建設されています。

引用元:http://www.washingtonpost.com/blogs/arts-post/post/sackler-gallery-postpones-controversial-shipwreck-show/2011/06/28/AGbb9fpH_blog.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です