ユネスコ水中文化遺産会議~アフリカで開催

お馴染みのユネスコ水中文化遺産条約ですが、そろそろ加盟国が50国を超える勢いで伸びています。近年では、フランスなど大国の条約承認、そして、イギリスやオーストラリアでも承認の準備が進んでいます。

特にイギリスやオーストラリアなど、昔から水中文化遺産の取り組みが盛んな国では国内法とユネスコの条約の間に矛盾が生じないために、最初に国内法の整備が必要でした(現在ある水中文化遺産に対する保護法の整備など)また、州の法律と国の法律、そして、国際法のすり合わせなど時間を要しました。

そんななか、アフリカ(ナイジェリア)で地域(アフリカ大陸)の水中文化遺産を検討する国際会議が開催されました。アフリカ各国の専門家や政府役人などが参加し、アフリカ大陸でどのような水中文化遺産に対する保護が必要かなど検討・議論されたようです。まだ数は少ないですが、アフリカでもユネスコの条約を批准する動きが高まることでしょう。すでにナミビア、チュニジア、コンゴ、ナイジェリア、モロッコなどが批准しています。すでにアフリカの様々な地域で水中考古学の調査が着々と進められています。特に東海岸の国々が力を入れているようです。条約を批准せずとも調査をどんどん進めています。今回の会議で広く国際的な取り組みも進められていくでしょう。

水中文化遺産の取り組みは実はアジア地域では消極的です。アジア地域でユネスコ水中文化遺産条約を承認した国はイランとカンボジアだけ。もちろん、タイや韓国・中国では水中考古学の調査が積極的に行われていますし、近年では特に若い世代の研究者を中心にベトナムやインドネシアでも取り組みが始まっています。今回のアフリカの国際会議の成功をもとに、アジアでもこれからもっと盛んに取り組みが行われていくことが期待されます!

 

 

 

引用元:http://www.unesco.org/new/en/culture/themes/underwater-cultural-heritage/dynamic-content-single-view/news/first_africa_regional_meeting_on_underwater_cultural_heritage_held_in_nigeria/#.UpqMH8SA0ic

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です