日本の水中考古学と北海道

講演会のお知らせ!

【2019年11月30日】 「日本の水中考古学と北海道」

北海道大学 文系共同講義棟 1番講義室(人文・社会科学総合教育研究棟1F):12時40分 〜16時40分

 

 さて、講演会のお知らせです。北海道で水中考古学。実は、北海道は水中考古学では先駆的な取り組みを行ってきています。遺跡の保存状態の良いものもあるようです。今、注目を集める北海道の水中遺跡!是非ご参加を。

 

プログラム
12:40 【趣旨説明】臼杵 勲(札幌学院大学人文学部)
12:50 【基調講演】 鷹島海底遺跡の調査と日本の水中考古学 
      池田榮史(琉球大学国際地域創造学部)
13:35 【事例報告】 上ノ国町上ノ国漁港・昇平丸の調査 
      塚田直哉(上ノ国町教育委員会)
14:20 【事例報告】 森町森桟橋跡の調査 
      高橋 毅(森町教育委員会)
15:05  休憩(10 分)
15:15 【基調報告】 日本における水中遺跡保護の取り組み 
      森先一貴(文化庁文化財第二課)
16:10 全体討論(準備 10 分)
16:40 終了

 

 詳しくは、PDFで

 

 

札幌学院大学

 

 

引用元:http://www.sgu.ac.jp/event/20191130shinpo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です