中世北欧 その4

[ 問題 ]

船の構造哲学において二つの基本的な作り方の違いがあります。一つは外板を先に組み立てその後にフレームを入れる方法(Plank/Shell First Construction)。これと反対に、フレームを最初に作り、それに外板をはめていく方法(Frame/Skeleton First Construction)があります。中世北欧ではこれとは別の方法(船の構造哲学)で作られていたのではないかと近年提唱されています。この説とは?
 

  1. Keel First Construction
  2. Bottom Base Construction
  3. Stern Base Construction
  4. Edge Joined Construction
  5. Frame Second Construction

答えを見る »

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む