博士号

現在(2005年)、日本人で“水中・海洋考古学の専門”で博士号(ドクター)を取得した人は何人いるでしょう。

もちろん“水中考古学”以外の博士号を取ってからでも水中考古学に関わっている人もたくさんいます。歴史学、海洋学でも水中考古学に貢献できます。専門で学んだ人がいないということは逆にそれだけ学際的な学問だといえます。世界でもまだ50人ほどだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です