コロンビアの財宝~国の文化遺産

ここ数年、コロンビアで発見されたSan Jose沈没船が何かと話題となっておりました。

1708年、南米産の金など財宝を多く積んだスペインのガレオン船San Jose号は、イギリスとの海戦に遭い、撃沈させられてしまいました。世界で最も高価な財宝を積んだ船として噂になり、トレジャーハンターたちが探索を繰り返していました。

 

さて、数年前、コロンビア政府が、この船を発見した!とニュースメディアに流したところ、以前、コロンビア政府と契約していたトレジャーハンター会社が、「我々が発見した船だ!我々に権利がある!」と主張し、支払いを要求。また、コロンビア政府も遺物の売却を検討しているとの噂も流れ…大統領の交代など様々なドラマがあったようです。さらに、スペイン政府も文化遺産として扱鵜ことを要求、ユネスコも同様の呼びかけを行い…

いろいろと問題があったようですが、ここでは詳しく触れません。

 

どうなるかと見守っておりましたが、どうやら政府としての結論が出たようです。
「沈没船は、すべて(一括遺跡として)人類の歴史にのみ利益をもたらすものとして、知識と文化への貢献する目的で保護されるべき」と言うことだそうです。副大統領が宣言しています。

 

ハッピーエンドと言って良いでしょう。トレジャーハンターが政府を訴える可能性もまだあるかもしれませんが…スペインも、文化遺産として保護されることを望んでいるようです。一部引き揚げられ、博物館などできちんと管理されることでしょう。

他国の船を破壊してしまうと大変な国際問題となるので、めでたし、めでたし。

 

引用元:https://www.abc.es/cultura/abci-colombia-no-pagara-rescate-galeon-san-jose-patrimonio-pecio-201910100928_noticia.html?fbclid=IwAR34avyvMUMywisM9RO1431d-3rguWauBfkl_D1QhuADkG7PmHq4xb6RfQk#vca=rrss-inducido&vmc=abc-es&vso=fb&vli=noticia-foto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です