『水中文化遺産と考古学』シンポジウムのお知らせ

今年1月のはじめにすでにユネスコの水中文化遺産保護条約が正式に20カ国以上で採択されてから1年が過ぎました。アジアでも水中文化遺産保護の動きが高まってもいるようです。去年は日本国内でもNHKなどが水中文化遺産保護に関連した特集などを組んでいました。今年は日本の水中考古学にとってどのような年になるのでしょうか?
今年はいろいろとイベントや調査などが行われるようですが、2月に東京でシンポジウムが行われます。一般を対象としたシンポジウムで興味のある人、ない人、どなたでもご自由に参加ください。

日本財団助成事業
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム

日 時: 2010(平成22)年2月28日(日曜日) 10時30分~16時30分 
会 場: 日本財団ビル 1階バウルーム  東京都港区赤坂1丁目2番2号
     地図はこちら

参加費: 無料(資料は有料となります)
主 催: 特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所(ARIUA)

内 容: 
(午前) 2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
    1.アジア水中考古学研究所とプロジェクトの紹介
    2.調査報告
      ◯沖縄・奄美諸島 : 片桐千亜紀(ARIUA会員)
      ◯九 州     : 野上建紀(ARIUA副理事長)
      ◯瀬戸内・琵琶湖 : 吉崎 伸(水中考古学研究所理事長)
      ◯日本海域    : 小川光彦(ARIUA会員)
(午後) シンポジウム「水中文化遺産を理解する」
   [特別講演]「水中考古学にたいする夢」(仮題):中山千夏(作家)
   [基調報告]
     1.「水中文化遺産と水中考古学」:岩淵聡文(東京海洋大学教授)
     2.「海洋考古学の調査・研究の実例」:Randall J.Sasaki(ARIUA会員.テキサスA&M大学海事考古学研究所)
     3.「水中文化遺産と国際法-日本国内法制への示唆-」:中田達也(文教大学講師)
     4.「身近にある水中文化遺産を巡る」:林原利明(ARIUA理事)
   [討 論] コーディネーター 塩屋勝利(ARIUA理事)

 ※休憩時間等を利用して、山本祐司氏(ARIUA会員・プロフォトグラファー)による水中文化遺産(ARIUAの調査にともなう)の写真上映も予定しています。

東京でこのような、水中文化遺産・水中考古学に関する会を一日かけて開催することは、初めてではないかと思います。広くこの分野に興味をもっている方を対象した調査報告会・シンポジウムですので、興味がある方はぜひ、ご参加ください。多くの方に参加していただき、水中文化遺産や水中考古学を知っていただければ、幸いに思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です