目安箱…

フォトグラメトリーの第一人者、山舩さんの活動の紹介です。

日本各地の水中遺跡の情報を集めているそうです。何か、遺跡っぽいものを見つけたら、ご報告を。地域の教育委員会にも連絡が必要かと思います。

私も良く言いますが、「水中遺跡のそのほとんどが、偶然の発見。海と関わりのある人(漁師さん、ダイバー、開発関連)が発見して、考古学者がその遺跡に意義を与えます。考古学者が何もない所から遺跡を発見することは例外中の例外…」

 

というわけで、山舩さんのウェブサイトをご覧になってください他にもいろいろと情報を載せています。

 

以下、抜粋

この目安箱の目的は、全国各地に散らばる水中文化遺産の目撃情報を募ることにあります。

実は世界各地でこれまでに見つかっている重要な水中遺跡のほとんどが、研究者以外によって偶然見つかったものなのです。しかしながら日本ではまだ「水中考古学」という学問が浸透していないので、もしあなたが散歩中になんとなく歩いていた砂浜で、偶然歴史的に貴重な沈没船の一部や、水没した寺院の一部などを発見しても、どこに届け出ていいのか悩んでしまうかもしれません。

 

そんな悩みを解消するために、この「水中考古学目安箱」を設置させていただきました。

皆さんが、
「水中遺跡っぽい面白いものを見つけた!」
「地元に古くから伝わる沈没船や水中遺跡の伝承がある!!」

という情報を持っている場合は、是非、下のフォームから一報を下さい。

 

サイトへ移動

引用元:https://suichukoukogaku.com/discovery/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です