水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

鷹島(元寇船)の水中遺跡の管理計画がまとまったようです

元寇の際に使われた船が発見され注目を集めている長崎県の鷹島海底遺跡について、今後の方針案がまとまったようです。

詳しくは、新聞記事をご覧ください

発見された船はひとまず海底で現地保存をし、周辺海底を探査してより多くの沈没船の発見・周知を行う予定です。現地保存と言っても、そのまま放置するわけではありません。遺跡が現在の状態で最善であるかどうかを審査し、モニタリングを行いながら水中でほとんどかえずに現状を管理を行います。遺跡の発掘行為は遺跡を破壊することです。また、保存処理など多くの資金を必要とし、また、永続的に保護・管理・活用していくためにはその体制もつくっていかなければなりません。そのためにも準備期間が必要です。

水中遺跡は、その特異な環境にあることから、陸の遺跡と同等に扱われないことがありますが、そもそも陸の遺跡と水中の遺跡の管理方法に関しては同じ考え方で良いはずです。発掘や探査方法は陸よりもテクニカルな面がありますが、しかし、そのマネージメントや活用方法は変える必要がありません。

今までは水中遺跡が出てきたら「引き上げる」かどうかという議論が中心でした。しかし、これは少しおかしな話です。というのも、現在、陸にある遺跡はそこにあることが判っていても発掘しないのが普通です。遺跡が埋まっていればある程度安定した(保存された)状態にあります。そのため、開発がおよび遺跡が壊されるときに初めて発掘調査をおこない、記録を取ります。日本の文化財行政はこれが基本です。しかし、開発がおよぶまでなにもしないわけではありません。様々な情報から遺跡のある場所を確認し、周知します。そして、その周知のエリアが開発されるときにはじめて発掘されるわけです。

水中の遺跡も保存処理や維持費にはお金がかかります。ですので、発掘せずに「積極的」に原位置での保存を行います。また、水中の開発の場合、基本的に工事などのプランを変えることは(工事の計画段階であれば)比較的容易です。陸上の工事のように決められた土地に限定されていないことが多いからですね。そのため、工事のプランを少し変えて遺跡の現状を維持することが最善のようです。

しかし、遺跡の現状が最上でない場合もあります。砂で遺跡をかぶせたり、囲いをつくるなど様々な方法で水中で安定した状態を保ちます。遺跡の保存に向いているのは、無酸素状態でpHが7程度、バクテリアなど有機物が少ないことなどなど。これらの遺跡の保存に最適な環境を水中で作り上げ、そして、きちんとその状態を保っていられるか、定期的に遺跡にもどりさまざまなサンプリングやデータを集めます。この作業がモニタリングと呼ばれています。酸素濃度やpH、堆積層などを一年を通して調べて遺跡が安定した状態にあるかを判断します。原位置保存のためのモニタリングやその方法なかなり専門的な話となってしまいますので、グーグルでin situ preservation, underwater cultural heritage management,などのキーワードで調べてみてください。

日本の水中遺跡について少しでも興味のあるかたはにはすっかりお馴染みになった鷹島海底遺跡。水中遺跡として国の指定史跡となったのは初です。もちろん、水中にある周知の遺跡は他にもたくさんありますが、そのお話はアジア水中考古学研究所(ARIUA)をご覧ください。今日は鷹島についてのおはなしですが、もちろん、他の水中遺跡についても同じような管理・マネージメント・モニタリングをおこなっていかなければなりませんね!

スウェーデンのアトランティス発見…ではありません。

ある意味面白いニュースです。ニュースメディア(タブロイド)と考古学者のモノの考え方の違いが顕著に出ています…メディアは珍しいもの、面白いもの、売るためにインパクトのあるものを伝えようとしています。しかし、考古学者はそんなことは関係なく事実を伝えることに終始しています。

 

英語ですが、ニュースを二つ読んでもらいたいと思います。まずこちら。

このニュースの見出しは「石器時代のアトランティス発見!」と書かれてます。しかし、考古学者のインタビューではそれを完全否定(というか、そんなことどうでもよい)、「一時的なキャンプサイトであった」としています。石器や木器などが発見されています。埋葬の跡などがないか今後3年間でスウェーデン国家文化遺産局による学術調査が行われるそうです。

ニュースの記事はなぜかほとんどアトランティス伝説について書かれています...そういえば、2013年の5月にしんかい6500が、大西洋で堆積層を発見した際に、「アトランティス発見」というメディア側の売込みがありましたね...

 

そして、この次のニュースはこちら

 

こちらでは、もう少し詳しく発見について書かれています。1万1千年ほど前にこの地域にラグーンが形成されて遺跡が水没したようです。(もちろんもともと陸にあった遺跡)この時期の遺跡から有機物が発見されることはあまりなく、水中にある遺跡だからこそ木材など多く残っており、良い研究資料であるそうです。すでにこの地方では絶滅した動物の骨なども残っています。木材だけでなくロープなどの有機物も残っているようです。

調査したニルソン氏がインタビューに答えています…

Nilsson admitted that “lousy Swedish tabloids” had blown the story out of the water by labelling the find “Sweden’s Atlantis”

質の悪いタブロイド誌により話が大きくなりすぎた...そうです。しかし、貴重な発見であることは間違いないようです。

海事・水中考古学を学べる大学

海事・水中考古学を学べる大学のリストをユネスコが作成しています。

これらは、現在、大学(マスターレベル)でのプログラムが確立している大学の紹介ですので、例えば昔プログラムがあった大学や、水中考古学のクラスはあるけどプログラムがない大学は含まれていないようです。水中考古学のクラスがある大学はそれなりに(海外では)あるようです。

大学の数が多いのか少ないのか…まあ、人によって感じ方は違うでしょうか...ざっと眺めて、やはりヨーロッパはこの学問が一般的だなと感じることです。地域によってだいぶ差がありますね。

個人的には、これから10年、このリストがどのように変化するのかが楽しみです。

 

水中探査に使用するロボ達について〈入門編〉

水中遺跡の探査に使用するロボット君達には簡単に分けるとこの二つがあります…

ROVとAUVです。今日はこれらを簡単に紹介します。ネットで検索するといろいろな水中ロボットが見れますので、そちらも参考に!

ROV (Remote Operated Vehicle) 簡単にいうと、水中ロボットです。アームのついているものもあります。ただし、ケーブルでつながって操作しているので、いろいろなものに絡まる危険性などがあります。ケーブルだいたい±0の浮力です。ちなみに、ケーブルを使う理由は水中ではラジオ波が拡散するので、いわゆるラジコンのようには操作できません。

考古学調査では、特に機体はプラスの浮力のモノを使います。そして、スクリュー(プロペラ)は下向きに動かないように改良します。プロペラを下に向けると砂を巻き上げるのでNG。上に動くときは浮力で上がって、作業中は常に下に押さえつける感じです。あまり早く動けないので、発見した遺跡の確認調査や簡単な発掘に向いてます。日本語では遠隔操作無人探査機。商業用で購入が可能。レンタルも一般的になっています。

AUV (Automous  Underwater Vehicle) こちらは、自分で勝手に決められたコースを走ってデータを収集してくる優れものです。様々な探査機材(音波探査・磁気探査)を積み込めます。長時間潜って広い範囲を探査することができます。遺跡があるかないかのサーヴェイに適していますが、発掘などには向いていません。自立型無人潜水機といいます。マサチューセッツ大学(MIT)などでハイブリッドAUVなども考古学への利用のため開発を進めていましたが… AUVはまっすぐに決められたコースなどを走り、探査の効率を高めるのが普通でした。でも最近は、自分で考えて遺跡の上を回って、写真実測・レーザー測量のデータをあつめて三次元実測も行ったりしています。AUVはまだまだ単価が高いので、国の施設や大学が使っています。日本の場合は東京海洋大学が考古学探査で使用しています。

ちなみに、ASV (Autonomous Surface Vehicle)  もあります。こちらは、AUVとほぼ同じですが、Underwaterではなくて、サーフェスです。船のように水面から調査します。発掘は無理ですが、単価がAUVより安くすみます。また、遠隔操作も可能なものもあるようです。

 

はて、潜水艦(潜水艇)は使わないの?と思った方はいるでしょう。しかし、潜水艦などはあまりにも高価になるので水中考古学には向いていません。スポンサーや国の役人などVIPを遺跡に招待するにには使えそうですが、作業には使いませんね。20年くらい前でしたら使っていましたが、ROVやSUVがあるので必要ないですね…残念。小型潜水艇はたまに使われているようですが、メリットがあまりないようです。

 

ニュースのまとめ

ここ2~3日の水中考古学関連のニュースをまとめました。本当は、毎日これぐらいはお伝えしたいのですが…世界のニュースなので英語がメインです。セノーテの動画は綺麗ですね...

 

タイタニック・テーマパーク中国にオープン予定

http://www.reuters.com/article/2014/01/13/us-china-titanic-idUSBREA0C06S20140113

 

スリランカ沖で蒸気船発見

http://www.nation.lk/edition/news-online/item/24945-largest-steamer-shipwreck-discovered-off-batticaloa.html

 

ワイト島(イギリス)にある8000年前の水没遺跡が失われつつある…

http://www.iwcp.co.uk/news/news/archaeology-at-risk-52385.aspx

 

マヤ文明のセノーテ(水中洞窟)のビデオ。ナショナルジオグラフィックチャンネル

http://news.nationalgeographic.com/news/2014/01/140116-maya-mexico-yucatan-cenote-bones-haunted-taboo-archaeology-science/

 

スコットランド沖のサーヴェイで新たに沈没船を数隻発見。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-highlands-islands-25757943

 

オーストラリアに最初に到達したのは、ポルトガル?

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-25763688

講演会『日本・沖縄の水中文化遺産の調査成果と活用について』

このところ講演会のお知らせが続いてます…どれも行きたい。

日本・沖縄の水中文化遺産の調査成果と活用について

日時:平成26年2月22日(土)18:00開場 18:30~20:30

会場:久米島博物館ロビー

《基調講演》

講演1 片桐千亜紀(沖縄県立博物館・美術館)
「久米島水中文化遺産見学会の様子~海底遺跡ミュージアム構想の実践~」

講演2 小川光彦(NPO法人アジア水中考古学研究所)
「琉球列島・久米島と東アジア海域の碇石」

講演3 吉崎伸(NPO法人 水中考古学研究所・(公財)京都市埋蔵文化財研究所)
「瀬戸内の水中考古学と海底探査船美術館」

講演4 中西裕見子(大阪府都市魅力・観光課)
「イギリスの沈没船メアリーローズ号の保存と展示」

定員:80名(先着順・予約不要)
入場:無料
対象:一般

主催:久米島町教育委員会・久米島博物館
共催:社団法人 久米島町観光協会

南シナ海の水中文化遺産:ベトナム海事考古学の最前線

来週行われます講演会のお知らせです。東海大学(清水キャンパス)で行われます。静岡県ですよ!

さて、静岡はちょっと遠いな…と思われるかもしれませんが、特別ゲストです!海外で活躍する木村氏が貴重な水中考古学のお話をする、またとない機会です!近くに住んでいる方はもちろん、関東・名古屋、もしくは関西在住の方でもぜひ足を運んでみては?

2013年度第2回海洋文明学科公開講演会

講演タイトル:『南シナ海の水中文化遺産:ベトナム海事考古学の最前線』

講演者:木村淳

日時:平成26年1月24日(金)17:30-18:30

場所:東海大学清水キャンパス3401教室

ベトナムを中心とする南シナ海の海底遺跡や沈没船遺跡研究の最前線と水中文化遺産を巡る海外研究の現状について講演。

どなたでも参加可能

問い合わせ:東海大学海洋文明学科 小野林太郎(rintaro@tokai-u.jp)

アジア水中考古学研究所 関東・東北会員連絡会(研究報告会)

日本の水中考古をリードするアジア水中考古学研究所(ARIUA)の関東・東北会員連絡会のお知らせです。

以下がARIUAのウェブサイトの情報です。

日時:2月1日(土) 14:00~17:00

場所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
研究報告:
1.「水中文化遺産としての品川御台場」 長井宣子氏(アジア水中考古学研究所会員))
2.「記録写真で見る水中文化遺産」 山本祐司氏(アジア水中考古学研究所会員・プロフォトグラファー))
水中文化遺産情報交換

参加費:無料

詳しくはARIUAのウェブサイトで!

 

さて、「お台場」は実は砲台として作られた場所というのは、知っている人もいるでしょうが、この台場の遺跡も面白いそうです。お台場だけではないですが、もともと海と陸の境目に作られた建造物にはある特有のコンディションがあります…それは、あまりにも当たり前ですが、海と部分と陸の部分があるが、本来一つの建造物であること!しかし、なぜか考古学遺跡(遺構)として扱われると、場合により海と陸では違った扱いを受けてしまうこともある…ということを聞いたことがあります。『たまたま現在』陸にある部分だけが周知の遺跡として登録されてはいるものの、『水中に浸かっている部分』は遺跡として登録されていなかったりとか…このような話が出るかわかりませんが、面白そうな話が聞けそうですので、ぜひご参加ください!

2本目の講演は、水中写真家の山本さんのお話です。彼は日本の水中遺跡のその大多数に潜って写真を撮っています。日本の水中遺跡の発掘の写真などは多くの場合、彼の手によるものです。日本の水中考古学の写真撮影技術を築き上げてきたその実績を詳しく見ることができます!お見逃しなく!

 

中国の水中考古学

中国の水中考古学について、日本語で読める記事があったので。

中国は国家プロジェクトとして水中考古学を推し進めています。他の国に比べてもこの分野への熱の入り方はけた違いです。これ自体は素晴らしいことなのですが、この記事の抜粋でいくつか気になる点を挙げます。

「南シナ海には1000艘もの沈没船が眠っていることが確認されているが、水中で作業できる考古学関係者は100人にも満たず、作業は困難を極めている」

さて、沈没船の数ですが、とびぬけて多い数ではないということ。スウェーデンでは3000件以上の水中遺跡が保護対象の遺跡として登録されています。しかし、スウェーデンで実際に水中専門で作業している考古学者はそれほど多いわけではありません。ここではスウェーデンという国を例にとりましたが、メキシコや他の国でも状況はそれほど変わりません。何十万とある水中遺跡のマネージメントをごく少人数でおこなっています。

この記事を読んだときに私が最初に感じたのは、「水中遺跡」というものを陸上とは違う「特別なケース」としてみていることです。

日本では年間8千件以上もの陸上遺跡が発掘されていますが、まだまだ陸上の遺跡が無数にあります。遺跡のある場所は「周知の遺跡」として認知され遺跡台帳に登録されます。周辺で開発があった場合に破壊されるために、保存記録として発掘を行います。遺跡がそこにあるとわかっており、重要な遺跡であっても発掘しないケースがほとんどです。陸上の遺跡をただそこに遺跡があるからガンガン掘っていくなどは考古学者の数や資金の面から見ても相当困難です。でも、困難だからといってニュースでそれが取り扱われることはないですね…というよりも、現在の経済状況や世界の考古学行政(および学術調査)の常識から考えて、遺跡があるという理由のみで発掘することはないと考えられます。

遺跡が開発によって破壊されるときにのみそのエリアを発掘すること、これが行政考古学の前提となっています。そのためには、周知の遺跡の範囲をしっかりと把握すること、新しい遺跡の発見、開発業者などにもしっかりと遺跡を大切にすることを認識させ遺跡があった場合の対処が重要となっています。陸上の考古学ではその時の経済の状況などを考え開発とのバランスを取りながらマネージメントを行っています。日本(と世界)の陸上の考古学は調査だけでなく、遺跡の保存・活用と開発のバランスを図るマネージメントが重要です。そして、水中考古学が発達している国では水中であっても陸上と同様なマネージメントを行っています。陸と水中の遺跡の区別がないことが重要であり、水中考古学という言葉は使われません

海の上で開発が行われるケースは陸に比べて多くはなく、そして、そのほとんどが、自治体主体で行われる開発や、大企業でも国・県などから補助金などをもらって行うことが多いようです。開発の範囲に水中遺跡があっても、工事の範囲を動かすことが可能な場合が多いようです~陸に比べて工事範囲に関しては計画の段階から遺跡の範囲を考えてプランを立てれば、融通が利く場合が多いようです(海は広いですから)。開発のエリアを変更することができずに、やむを得ず水中で発掘を行わざるを得ない場合、特に発掘を行った経験のある考古学者が遺跡発掘の監督を行います。実際の作業は潜水ができる作業員が行い、記録などを取る場合に考古学者が行うことが多いようです。日本でも陸上の発掘で実際に掘っている作業員さんは考古学の訓練はとくに受けてないですね?水中でも同様に対応できるというのが、大体の国において行われています。

しかし、中国の記事を読むと、「水中遺跡があるから掘らないといけない」という印象を受けます。開発があった時のみではないようです…また、発掘を行うのも専門の訓練を受けた人のみなのでしょうか?これでは、どう考えても困難になるのは当たり前ですね?ユネスコが進めている水中文化遺産の保護ですが、こちらも開発とのバランス、遺跡の現状保持を第一のオプションとして捉えています。中国はちょっと異質な感じがします。

ユネスコの水中文化遺産を承認した国は2014年中には(私の予想では)50か国を超えると思われます。それらの国々は基本的には開発とのバランスを考え、陸の遺跡と水中の遺跡との対応の違いを無くすことを目的として取り組んでいます。現在、日本では水中考古学の体制が整っていませんが、どのように国としての体制を作るか考えたとき、参考になるのは、中国ではないような気がします。もちろん、資金や人員が確保でき、そして保存処理もきちんと対応できれば中国のような対応もできますが、日本の現状を考えるとそれは無理な気がします。しかし、現状維持を前提とした場合は充分対応できるのではないでしょうか?その方法などについては、また後ほど…

ユネスコの水中文化遺産について 

 

黒髭ティーチのクィーン・アンズ・リベンジ発掘

おそらく、ここ数年間にアメリカで発掘された沈没船の中で最も有名で成果を挙げているのが、海賊「黒ひげ」のクィーン・アンズ・リベンジ号ではないかと思います。

このサイトでも何度か紹介していますね。通称「黒ひげ」の本名は実はわかっておりません。おそらくティーチ(の発音に近い)名前であることは判っているようです。黒ヒゲのクィーン・アンズ・リベンジ号はノース・キャロライナ州で発見され、調査が継続して行われています。もちろん学術調査ですし、遺跡として、いわゆる遺跡台帳に登録されています。海賊船のイメージにあるような金銀財宝などはほとんどありませんし、あっても、考古学的価値はあまりありません。そのような遺物よりも、歴史的・学術的価値があるのが船体の構造や船で使われていた道具類です。武器なども詳しく研究されています。遺物はしっかりと保存処理がなされ、博物館などで展示され、遺跡から得られた成果を活用しています。

発掘の様子はビデオでアップされています。また、Wikipediaでも彼について書かれています。(英語版はより詳しいです)

海賊の船は、特にフィクションやゲームの中に多く登場しますし、歴史でもよく好んで語られているようです。この他にも、キャプテンキッドの船やキャプテン・モーガンの船なども発見され、研究が進んでいます。しかし、海賊の船というのが実は研究するのが難しいのです。何を持って海賊船とするのかが、曖昧だからです。イギリスのフランシス・ドレークなどはイギリスにとっては英雄ですが、スペインにとっては海賊です。私掠船問いって、イギリスと契約してスペインの船を攻撃して利益を得ることを許されていたから、立場が変われば見方が変わります。また、発見された遺物から海賊船と断定するにも判断材料がないことが多いようです。普通の貿易船などから略奪したものを積んでいれば、商船と見分けがつかない場合も多いですし、また、商船も襲撃に備えて武器を備えているので、なかなか判断できないようです。

そのような中、たよりとなるのが文献資料です。文献から特定の海賊や人物を選び、沈没の記録などから船を特定することが多いようです。特に有名な出来事や有名な海賊などは記述が多く、ピンポイントで沈没船の位置が特定できることもあるようです。

いつの時代も、海賊は人気があるようですね。私の場合、倭寇の船がどんなものだったのか知りたいと思っています。倭寇の船が発見されれば、乗組員の構成などいろいろな研究ができそうです。