鷹島海底遺跡!

もう、水中考古学に興味のある人にはお馴染みですね! 鷹島海底遺跡の元寇船発見のニュース!今回の船は、今までになくしっかりとした船です。今は海底に現地保存をしながら、これからの活用を考えていきます。私も鷹島には10年以上も …

「日本・世界の水中考古学の現状と課題~学問の魅力に迫る~」平成27年度考古学講座

平成27年度考古学講座のご案内 第2回「日本・世界の水中考古学の現状と課題~学問の魅力に迫る~」 & 釜山広域市との文化財交流事業講演会 「韓国の関羽信仰について」 講師 ・九州国立博物館  佐々木 蘭貞 氏 ・釜山市立 …

同じパターンですいません…

マダガスカル沖で、キャプテンキッドの船ではないかと話題になった沈没船があったそうです。 この『調査』にとあるテレビ局が番組を作成していたのですが、どうやら遺物の無作為な引き上げなど問題がいろいろあったそうです。それを受け …

台湾の水中考古学

ここ数年、台湾も水中文化遺産の保護に積極的に動いています。韓国や他の国々の水中の文化遺産の調査・保護の取り組みを見て自国領海内の文化遺産の保護の体制を作りつつあります。ちなみに、台湾がお手本としたのが、フランスの体制。ト …

武蔵をどう保存するか?

つい先日、フィリピン沖で旧日本軍の戦艦「武蔵」が発見されたニュースが話題となっておりました。映像などを見る限り、間違いないそうです… 発見をしたのが、マイクロソフトとゆかりの深いポール・アレン氏。かなりの資産家で世界各地 …

The Mongol Invasion of Japan

さて、日本では近年鷹島海底遺跡が有名ななってきていますね。特に数年前の元寇の船の船体の発見以来メディアでも話題となっています。 その鷹島の遺跡ですが、世界ではすでに10年以上も前から大きな話題となっていました。とある考古 …

トレジャーハンター逮捕

沈没船から財宝を引き揚げて一攫千金…という話は昔の話。今では世界の多くの国で立派な犯罪です。 ちなみに、今まで引き上げられた「財宝」で金銭的価値の高かったものはほとんど引き揚げた人々にとってはマイナスとなっています。違法 …

水中考古学の魅力に迫る

九州の歴史・文化ポータルサイト、「かたらんね」がプロデュースするシリーズ「文化財で楽しむ九州アジア倶楽部」で、この度講演を行います! タイトルは、「水中考古学の魅力に迫る」です。 以前、どこかでお伝えしていたので、日程の …

去年に続き…お正月から

今年もやってきましたね。昨年もお正月から時代感覚のないテレビ番組を放送していましたが、今年も第2弾があるそうです。来年こそはやめていただきたい。 ユネスコは水中文化遺産の保護を呼び掛けており、現在50か国ほど条約を受け入 …

沖縄の水中文化遺産

 本日は、ブックレビューです。南西諸島水中文化遺産研究会編『沖縄の水中文化遺産』です。 タイトルからすると、少し堅苦しそうですが、実はとっても読みやすい本なんです。ずっと語り聞かせるような、お話を聞いているような、(話術 …