水中文化遺産

中国水中文化遺産保護へ向けてのニュース

詳しくはリンク先の記事をお読みください。

中国もそろそろ沈没船から違法で遺物を引き揚げる作業の取り締まりに向け進みだしているようです。そろそろ日本も真剣に考えないと...

 

 

 

スペインが水中文化遺産保護強化

スペイン政府はいち早くユネスコ水中文化遺産保護条約を承認した国ですが、今回、様々な政府機関なども含めた総合的な水中文化遺産保護の方針を打ち出したようです。他の国もこのような取り組みを見習いたいものですね。詳しいニュースではないので分かりませんが、スペインの海域の外であっても言及しているようです。トレジャーハンターなどはもうスペインに関連した文化遺産にはなかなか手が出せなくなるのではないでしょうか?

中国の水中文化財保護法

東京文化財研究所のウェブサイトで中国の水中文化遺産保護条約の日本語訳を見つけました。簡潔な内容ではありますが、それなりに良くまとまっています。まず水中文化遺産の定義、発見した場合の対処方法、外国の機関との関わり、保護の規定など。さらには罰則なども言及しています。ユネスコの条約などと比べるとシンプルですが、必要な規定はあるので、これをベースとすれば充分でしょう。さらに、ユネスコの水中文化遺産保護法の良い点などと組み合わせればよりよい水中文化遺産の保護が可能ではないでしょうか?

東京文化財研究所では他の国の水中文化遺産保護などについても紹介しています。他にも興味のある情報が詰まっているので是非ご覧ください。日本も他のアジア諸国に遅れてはいますが、水中文化遺産に関する法律を作成しなくてはいけないことは確かです。実際にすでに幾つかの船が埋蔵文化財法に触れることなく発掘されています。オーストラリアをはじめとした水中考古学が盛んな国だけではなく、中国やベトナムなど他の国の水中文化遺産保護を学び、日本で適応できる保護条約が必要なのは確かです。日本で水中文化遺産保護法が出来るのはいつになるのでしょうか?

ユネスコ水中文化遺産アップデート

2010年も残すところ数日となりました。以前から紹介しているユネスコが進める水中文化遺産保護条約ですが、今年も加盟国が増えました。年末ということもあり、おさらいです。ざっと簡単に説明しますと、水中文化遺産の保護について国が積極的に取り組みこと、国際協力を行うこと、遺物の売買禁止、無駄な引き揚げを抑えて遺産の保護管理を中心とすることなどがユネスコが薦めている方針です。

現在のところ36ヶ国が合意しています。今年は新たに7カ国が加わりました。特にイタリアとアルゼンチンが加盟したことは大きな意義があるでしょう。ところで、コンゴに海はあったの?と思うかもしれませんが、湖や川など水中にある文化遺産(水没遺跡など)の保護も目的としているので沈没船だけに限ったものではありません。ちなみにコンゴは海と繋がっています。アフリカの国々で水中文化遺産保護の意識が芽生えていることはすばらしいことだと考えています。

気になるのが、アジアの参加国なのですが…今のところカンボジアだけです。また、中国、アメリカ、オーストラリア、イギリスなどが参加していないのも非常に残念なことです。これらの国はすでに独自の法律などがあり、なかなか新しい国際法に対応するのが難しいと言う側面も持っています。しかし、スペインは2005年にすでに調印し、精力的に水中文化遺産の保護に乗り出しています。

2011年には私の勝手な予想では40カ国は超えると思いますが、どこかアジアの国が加わって欲しいものです。水中文化遺産は共通の財産であり、私欲のための引き揚げ、商業目的での利用、遺物の売買などは禁止されています。我々水中考古学者にてっては当たり前のことなのですが、国際法の整備となると様々な問題を抱えているようです。その解決のためには、海底ミュージアムや地域参加型の遺跡の保護活動、ダイバーや漁業関係者への呼びかけなどいろいろとやるべきことは残っているようです。多くの人が水中文化遺産の重要性を理解するところから始まっていくものと思います。

1 Albania  2009
2 Argentina  2010
3 Barbados  2008
4 Bosnia and Herzegovina  2009
5 Bulgaria  2003
6 Cambodia  2007
7 Croatia  2004
8 Cuba  2008
9 Democratic Republic of the Congo  2010
10 Ecuador  2006
11 Gabon  2010
12 Grenada  2009
13 Haiti  2009
14 Honduras  2010
15 Iran (Islamic Republic of)  2009
16 Italy  2010
17 Jordan  2009
18 Lebanon  2007
19 Libyan Arab Jamahiriya  2005
20 Lithuania  2006
21 Mexico  2006
22 Montenegro  2008
23 Nigeria  2005
24 Panama  2003
25 Paraguay  2006
26 Portugal  2006
27 Romania  2007
28 Saint Kitts and Nevis  2009
29 Saint Lucia  2007
30 Saint Vincent and the Grenadines  2010
31 Slovakia  2009
32 Slovenia  2008
33 Spain  2005
34 Trinidad and Tobago  2010
35 Tunisia  2009
36 Ukraine  2006

砂浜の下から沈没船!

アメリカCNNからのニュースです。ノースキャロライナ州のカローラ海岸で州でこれまでに発見された沈没船の中ではもっとも古い船が発見されたようです。詳しいことはまだ良くわかりませんが17世紀中期から後期にかけての船だと考えられています。

面白いのは、この船が発見された方法です。カローラの町に住むレイさんはほぼ毎日海岸を金属探知機をもって歩いていたそうです。彼は海岸の漂着物採集が趣味で今までにも数々の遺物を見つけています。しかし、今回発見されたものは沈没船の一部でした。去年から海岸の浸食が激しくなり砂浜の砂が流されていたそうで、このために350年ほど眠っていた船が砂浜から発見できたそうです。以前からその周辺には特に古い遺物が見つかることがあったようです。レイさんはこの発見の重要性を知り、考古学者などに連絡をとり、保存などが検討されているそうです。もし、彼が誰にも連絡をしなかったらこの沈没船はどうなっていたのでしょうか?

写真を見る限りどこにでもある砂浜で海水浴客でにぎわったりもするような場所なのでしょうか?身近なところでも沈没船が埋まっているかもしれませんね。海岸で陶磁器などが発見できる海岸は日本にもたくさんありますが、もしかしたら海岸の底には沈没船があるのかも?そう思うとこれからの海水浴シーズンも違った視点で歴史を楽しむこともできるのでは?くれぐれも遺物を発見したら地域の考古学者に連絡を…もしくはお問い合わせまで。

Ray Midgett hunts the Corolla beaches on the Outer Banks of North Carolina almost every day.

“Beachcombing, or metal detecting, or relic hunting is in my blood,” said Midgett, a retired government worker who hits the sand between October and April.

“There are so many shipwrecks up here, it’s just beautiful.”

Midgett drives his pickup truck right onto the beach using the access road near the Currituck Beach Lighthouse. With a metal detector and shovel in tow, he’s uncovered everything from antique coins to wedding rings.

Yet his biggest discovery came in December when he located the remains of a historical shipwreck.

The wreckage, hidden under the sand for centuries, became fully exposed after a winter of brutal Nor’easters, making it the oldest shipwreck found off the coast of North Carolina.

But historians had to act fast to recover the ship, according to Meghan Agresto, site manager of the Currituck Beach Lighthouse.

“This winter, it just got smacked. After awhile the ocean was going to take it back,” Agresto said. “The fact that we got it off the beach makes us excited because we got to save it.”

Midgett and other beachcombers had discovered a number of relics near the shipwreck’s beach grave site, including coins believed to be from the reign of Louis XIII in France and Charles I in England, lead bale seals used for identification, and spoons dating to the mid-1600s.

Midgett said he feels a personal connection to the discovery.

“This shipwreck is a part of me, and some of the other hunters, too, that have been hunting around it for years,” Midgett said. “I’m just so glad that they decided to save it.”

The rough currents and shallow sand bars off North Carolina’s Outer Banks have destroyed thousands of ships in what is sometimes called the “Graveyard of the Atlantic.”

However, it is rare to find the remains of a shipwreck — particularly a wooden vessel — intact.

Throughout winter, the Corolla beach shipwreck would repeatedly get uncovered and covered again. The waves would also move it along the coastline, causing damage.

“I’m glad we got to it when we did. … It may have covered back up and survived another summer,” Midgett said.

“But next winter it would have been the same thing over and it eventually would have gone to pieces.”

Midgett, who used to work as a government auditor, wanted to make sure his discovery was salvaged, so he personally lobbied North Carolina state Sen. Marc Basnight. After numerous phone calls and e-mails appealing to Basnight, a beach lover himself, he was successful.

In April, volunteers from the Wildlife Resources Commission, Underwater Archaeology Branch, the Corolla Fire Department and area residents helped free the wreck from the sand and tow it near the lighthouse.

Archaeologists originally thought the wreck could be the HMS Swift, a British Navy ship from the late 17th century that originally ran around in the southern Chesapeake Bay off Virginia’s coast.

The HMS Swift drifted to the Outer Banks, where it was looted once it hit shore, then disabled by the looters so it wouldn’t resurface.

After further examination of the ship’s 12-ton skeleton — complete with wooden peg fasteners — archaeologists determined that it was not the HMS Swift, but most likely a merchant’s ship dating to the mid- to late-1600s.

That makes it the oldest shipwreck found along the state’s coast.

“History is the one thing we have that has a reasonable amount of certainty attached to it,” said Joseph Schwarzer, director of North Carolina Maritime Museums. “It tells us where we’ve been, it tells us what’s happening, and it’s a directional sign for where you need to go next.”

Before the Corolla Beach discovery, the oldest shipwreck found along the state’s coast was Queen Anne’s Revenge, the presumed flagship of Blackbeard the pirate said to have run aground in 1718, according to the North Carolina Maritime Museums.

The remains of the Corolla Beach wreck and some of its artifacts will be moved to the Graveyard of the Atlantic Museum on Hatteras Island, North Carolina.

Midgett and the other beachcombers are entitled to keep the coins and other artifacts found near the ship they discovered.

“It’s very exciting to find something from this time period,” said Richard Lawrence, director of the North Carolina Underwater Archaeology Branch for the Department of Cultural Resources.

“And amazingly we found it in this beach environment. It appears this wreck has been sitting here for 350 years almost undisturbed until this winter.”

Lawrence said the discovery would never have happened without Midgett.

“Ray Midgett was probably more responsible than anybody to get this wreck off the beach,” Lawrence said. “He created enough of a stir to get various organizations involved.

“Thankfully, Ray and his colleagues collected various artifacts that would have otherwise not survived.”

東南アジアでUNESCO主催の水中文化遺産保護ワークショップ開催

UNESCOが水中文化遺産保護に関するトレーニングを目的にタイで沈没船の発掘を主催しています。このワークショップにはカンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、スリランカ、およびタイから研究者が多数参加しています。タイの研究者によると、現在までにタイには64件の沈没船が確認・調査されています。しかし、これらの貴重な沈没船(文化遺産)も金銭目的で盗掘を行うとレジャーハンターによって脅かされています。これらの沈没船の保護には訓練を受けた考古学者、そして地域の理解が必要不可欠です。

貴重な水中文化遺産の保護のため、アジア地域でINESCOがこれらのトレーニングを開催しています。オーストラリアなどから専門家を招き基礎から実際の沈没船の調査から学んでいきます。タイの考古学者は2001年のUNESCOの水中文化遺産保護法案が適応されることを願っており、また、カンボジアから参加した考古学者は自国の研究がもっと進むことを願っています。カンボジアはすでに水中文化遺産保護条約を可決し、水中文化遺産の保護を進めています。しかし、沈没船の研究を行っている専門家はまだ少なく、技術や方法論もまだこれから学んでいくことが必要だと語っています。このワークショップに刺激され、参加者は各国で水中文化遺産の保護のためそれぞれ活動を開始する予定でいるそうです。

 

 

——

Treasures of the deep gain protection (Bangkok Post)

The exploration is part of Unesco’s six-week training on underwater cultural heritage preservation.

The divers are from Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, the Philippines, Sri Lanka and Thailand.

They have been picked for an underwater heritage protection programme organised by the United Nations Education, Scientific, and Cultural Organisation (Unesco) and the Fine Arts Department’s Underwater Archaeology Division (UAD) which runs from Oct 26 to Dec 6.

Division head Erbprem Vatcharangkul said Thailand has 64 underwater archaeological sites. He said all of them, especially those in shallow water, were under threat from treasure hunters.

Protection of the sites required well-trained staff and cooperation from local people, including fishermen.

Other countries in the Asia-Pacific region face similar problems which prompted Unesco to set up the regional field training centre to promote underwater heritage protection in the region and to exchange conservation information.

The centre plans to hold four training courses. The course in Rayong was the first.

Trainees will be taught by experts from Australia, the Netherlands and Thailand.

“The participants will be trained in underwater archaeology protection from basic to advanced levels, both in theory and practice,” Mr Erbprem said.

On the 15th day of the course, the trainees were assigned to dive to a depth of 18 metres to measure the length, width and height of a wooden shipwreck which was found two nautical miles west of Koh Mannok, off Rayong’s Klaeng district.

“The boat structure and some ancient coins which were found at the site could [reveal] the age of the sunken boat which belonged to the early period of King Rama VI [early last century],” he said.

“This shipwreck is another piece of the jigsaw that will help give a clear picture of history.”

The official called on fishermen to help safeguard the archaeological site by stopping their use of destructive fishing practices in the area.

He said the government should also ratify the 2001 Convention on the Protection of Underwater Cultural Heritage for better protection of the country’s underwater heritage from commercial exploitation.

Nudy Phann, 38, deputy director-general of the General Department of Cultural Heritage, Ministry of Culture and Fine Arts in Cambodia, who took part in the training, said he believed his country had several underwater archaeological sites, but only one shipwreck had been discovered so far.

“No one has yet studied the shipwreck,” he said. “We don’t have expertise, equipment, or sufficient knowledge to explore underwater cultural heritage – that is why I am here to attend the training.

“Underwater cultural heritage is new for my country even though we ratified the convention in 2007.

“I am happy to be here and when I go back to my country I plan to set up a team to start surveying shipwrecks.”

Thai trainee Duangpond Kanya Singhasanee, 29, a graduate student from Silpakorn University’s historical archaeology faculty, said the training was extraordinary because participants were allowed to visit sites which were normally hard to reach.

Ms Duangpond is a diving master and had visited several archaeological sites.

“This training has inspired me to work in the field of underwater archaeology,” she said.

日墨交流400周年  サンフランシスコ号

  千葉県御宿町で400年前(1609年)にスペインのガレオン船、サンフランシスコ号が座礁・沈没しました。この船はマニラから出発し、メキシコ(アカプルコ)に向かう途中で、マニラ前総督なども乗っていました。言い伝えによると御宿(岩宿町)の住民が沈没船の乗組員などを救助したと伝えられています。当時、キリスト教の布教などを進めるスペインと日本では衝突状態にありましたが、この事件をきっかけに一時日本とスペインの関係が緩和されたこともありました(結局はいわゆる鎖国、布教活動の禁止に踏み切ることになりますが)。この事件を記念して今年、日本とスペイン、メキシコなどが日本メキシコ交流400周年記念式典などを企画し、皇太子さまなどが出席をされたそうです。

  さて、この沈没船ですが、海外のサルベージ会社などが調査を企画したり、いろいろと海洋考古学者のなかで話題にあがることの多い船です。沈没した地点は文献資料などからほぼ特定されていますが、海女さんの活動が活発であるにも関わらず沈没船や散乱した遺物の情報などがないことや、海域が荒く海底地形が沈没船の保存の状況に適していないこともあり、船体の確認にはいたっていません。しかし、バラストの下に木材などが埋もれている可能性もあり、今後の調査しだいでは発見の可能性もないとはいえません。

  今回の400周年でスペインではサンフランシスコ号について脚光を浴びつつあります。さらには、あるサルベージ会社にスペイン政府が沈没船の保護をめぐり勝訴したことなどをきっかけに、スペインは海外での自国の沈没船などの海洋文化遺産の発掘・保護に力を入れだしています。UNESCOの水中文化遺産の保護条約が日本でも話題を呼びつつあることもまた事実ですので、スペイン政府と日本の考古学団体などが協力をし、調査を行う良い機会といえるのかもしれません。

 

  

NHKでもユネスコ水中文化遺産

先週、NHKでユネスコ水中文化遺産について取り上げられていました。おもに今年1月に20カ国がこの条約を採択したために日本国内でも水中文化遺産保護の動きが出てきたことによるものでしょう。

 

9月9日「クローズアップ現代」(NHK、第一)

http://www.nhk.or.jp/gendai/

9月11日「きょうの世界」(NHK、BS2)

http://www.nhk.or.jp/kyounosekai/lineup/20090907.html

 

このプログラムをみた人は何か意見でもあればぜひ書き込んでみてください。番組はおもに水中文化遺産のおかれている諸問題を取り上げています。遺物の商業目的での売買を禁止するユネスコ側の主張とインドネシアなど商業的見返りがなければ水中文化遺産の調査・保護には資金を捻出できない国、そしてとレジャーハンター側の主張を対比させています。とくにNHK側の主張などもなくいろいろな意見を取り入れ、情報を伝えるという意味では良くできた内容でした。

 

個人的にもう少し詳しく取り上げてもらいたかった面は

1)もし売買が公に認められれば商業価値のある沈没船が引き上げられ、考古学価値のある遺跡は無視される可能性があること

2)考古学価値のある遺跡の調査のあとに博物館などの設置により地域の経済の活性化が行える可能性も十分あること

3)なぜ水中に遺跡があるというだけで売買が可能という論議が産まれるのか?地上であれ水没した遺跡であれ、ともに考古・歴史の価値はかわらないのでは?遺跡の立地条件だけで遺跡の価値を判断できるものなのか?

4)ユネスコの条約ではガイドラインがあっても違法行為の取り締まり罰則などについては何も触れていない。そのため、執行力にかける条約であること。この条約の問題点としてよく取り扱われていますが、ここでは触れられていませんでした

5)上の2)にも関連しますが、考古学調査で成功した例をもう少し取り上げてほしかったこと。例えばオーストラリアやトルコなど水中文化遺産保護に積極的な国の成功例など

カンボジア政府 沈没船の保護を目指す

プノンペンポストからの記事によるとKoh Kong省で2006年に発見された沈没船をカンボジア政府が発掘を計画しているものの、カンボジア国内で水中考古学者がいないことなどや水中での発掘・保存などの専門的な知識が不足しているため、調査が難航していることを伝えています。また、沈没船から陶磁器などを盗掘に来るダイバーなどがいたため、海軍が海域をパトロールしているそうです。

この沈没船はKoh Sadech海岸沖で発見され、14-15世紀の中国の船だと考えられています。最初はロシアのダイバーなどを使い調査を行ったのち、中国政府に調査協力を依頼などもおこなったそうです。しかし、国内の研究者を使い考古学的手法を用いて発掘を行うことを目的としてオーストラリアなどでトレーニングを行っているそうです。国立博物館では水中文化遺産の保護などの強化に今後力を入れていきたいと語っている。     

ユネスコ水中文化遺産保護法!20カ国

水中考古学を少しでもかじった人ならご存知でしょうが、ユネスコが水中文化遺産の保護条約に取り組んでいました。正式に国際法となるには20カ国の承認が必要でした。今月始め、20カ国が水中文化遺産に保護に取り組むことが決まり、ついに正式に国際法としての効力を発揮することになります。来年1月2日から水中文化遺産保護に関する国際法が生まれます。

この国際法にはまだまだいろいろな問題点がありますが、ひとつのハードルを越えましたので、今後法律の改定などが進む可能性もあります。

詳しくはこちらのニュースを。


ユネスコ水中文化遺産保護法!20カ国 の詳細は »