水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

滋賀県立大による琵琶湖湖底遺跡の調査

滋賀県立大の林博通教授らによる琵琶湖湖底遺跡調査の成果が発表されています。湖底に杭、石材、立木根(枯れた株)などが確認され、これらは天正の大地震を契機に当時の地表面が陥没した痕跡であるとされています。琵琶湖にはいくつか湖底遺跡が確認されていますが、これらは同様に湖岸の崩落、沈下などに現在の湖底面に遺跡が形成されたという説があります。林教授によれば、今回の滋賀県長浜市下坂浜町沖の下坂浜千軒遺跡の調査はこの説を補完する証拠と解釈できるようです。

デラウェア州での沈没船の調査

アメリカ・デラウェア州で新しく300000ドルがLewesビーチにおける水中考古学調査に割り当てられることになりました。Lewesビーチ沖で建設業者が砂の採掘中に遺物などが出てきたため建設業者が州に調査を依頼しました。その後のエリアサーヴェイにより沈没船が数隻発見され、すでに展示されている遺物もあります。独立戦争時代の船やそれ以前の船の発見も期待されています。これらの沈没船を国の重要遺跡に登録する計画もされているそうです。

マヤのカヌー発見

マヤ時代のカヌー(200-800AD)頃が発見されたようです。BeliezeでThe Unbenka Projectを行っているウィチタ大学のチームが発見しました。この時代の船の遺跡は初めての発見。この船は崖の洞窟に埋葬されていたもよう。死後の世界は船を使って移動する信仰があったようです。


マヤのカヌー発見 の詳細は »

カンボジアで沈没船発見

カンボジアでも沈没船が発見されたようです。7世紀ぐらいの可能性があるとのこと。海草や他の付着物があるため、特定が難しいとのこと。カンボジアの総理大臣がこの沈没船がダイバーやトレジャーハンターに荒らされないために海軍などに要請して徹底した保護を呼びかけているそうです。


カンボジアで沈没船発見 の詳細は »

知られざる交流 日本海

金沢大学とロシアの考古学者が8-9世紀に栄えた国で「渤海(ぼっかい)」の調査を合同で行うことを発表したそうです。詳しいニュースはこの下に掲示してあります。

さて、なぜ海洋考古学にこのニュースと関連があるのか?と思うかもしれませんが、実は重要な研究のテーマです。海と人がつながって交易を行う、つまり海と人の関係であります。また、2国間で考古学調査を行う場合、陸上の遺物・遺跡は貿易のそれぞれの”点”でしかありません。しかし、沈没船んが発見されればメカニズムが解明されます。どのような船で、誰が、いつ、どのくらいのものを、どのルートで運んでいたのかが分かります。また、水中では有機物の保存がよいため、地上では残りえない遺物も残ります。

沈没船の発見にはサーヴェイが重要です。貿易ルートの解明を行い、沈没船がどのあたりで起きたかを文献などから調べます。その後、磁気探査機やソナーなどを使い海域を調査します。このような調査も大学で行ってほしいものですね。そのためには考古学者がもっと学際的なアプローチを取り、海洋学者やエンジニアの分野と合同研究を行う必要があります。


知られざる交流 日本海 の詳細は »

人類の進歩を”海”から見よう

BBCからのニュースですが、人類の進化の歴史、特に新大陸の発見に関してはほとんど陸からの視点でのみ論理化され、今まで海からの視点で語られることが少なかったそうです。しかし、近年になり、その考えが変わりつつあります。

アフリカから進出した人類はインド洋づたいに50,000年前には船や筏を使いオーストラリアに到達していました。また、アメリカへの道ですが、海岸の豊富な資源、オットセイ、様々な魚、そして昆布などを捕獲しながら活動範囲を広げていったと考えることが可能です。北の海の海岸に住む哺乳類などは捕獲が比較的簡単で、また栄養(脂)が豊富です。ケルプ(海草)もまた内陸の資源に比べ豊富です。

海岸の遺跡から釣り針や縄などが最近になり出土していますが、丘の考古学資料に比べ数が少ないのは事実です。しかし、海進の結果遺跡が破壊されたことや、残っていても注意をして探さないと見つけにくいことがあります。また、海岸の開発で壊されてしまうこともあるでしょう。

人々に関心がないとこれらの貴重な遺跡は簡単に破壊されてしまいます。現実にいくつの遺跡が開発により破壊されているのか定かではありません。ちょっとした関心があり、開発の際に注意をしていれば発見は可能です。このようにして発見された遺跡には陸上とは全く違った価値と可能性が秘められています。


人類の進歩を”海”から見よう の詳細は »

北前船の復元

東北・北陸地方では船の復元など、思った以上に活発に行われているようですね。みちのくの博物館には一度行って見たいです。水中考古学が新しい情報を加えられるよう沈没船の発見を目指したいと思います。それには、サーヴェイが必要です… 

航海実験などはよく行われています。特に有名なのはキレニア号などです。また、ヴァイキングの船も復元されています。原寸大の船を作るのは大変なのでモデルは良く作られます。最近はCGを利用したものも多いです。でも、実際に航海の出来る船を造って航海実験するのは有効な研究の手段です。帆走能力などはモデルではなかなか分からないことが多いです。


北前船の復元 の詳細は »

ハワイ沖で沈没船を発見

ハワイからのニュースがここ一年ほど多いような気がします。アメリカのNOAAなどが太平洋のサーヴェイを積極的に行っている結果でしょう。つい最近サーヴェイが行われたようで、28日の調査で19世紀の船を何隻か調査したようです。1870年代の商船などは、ちょうど日本の開国などとかさなり、また蒸気船などの登場により太平洋の貿易が盛んになった時期です。その割りに当時の船の模型など残っていないものも多いようです。100-150年前ですが、まだまだ謎に包まれた部分もあります。
このようなサーヴェイによる発見を積み重ね、沈没船のデータベースを作ることが海洋考古学では重要な課題です。

海域アジア世界 国際ワークショップ

10月に大阪大学とシンガポール大学を中心に海域アジアの歴史研究シンポジウムが開かれます。国家と海域のつながり、そして海を通したグローバルヒストリーなどについて討論がなされるようです。詳しくはリンクをご覧ください。

10月27-29日まで、長崎歴史文化博物館ホールで行われます。

イギリスでNASの会議

先日オーストラリアのダーウィンでAIMA(Australian Institute for Maritime Archaeology)の学会が開かれました。今年11月の10日から12日かけてはイギリスのポーツマスでNAS(Nautical Archaeology Society)の会議です。