ニュース

水中考古学関連ニュース ダイジェスト(リンク)

水中考古学、全然聞いたことがない人は、ほとんど耳に入ってこないでしょう。しかし、世界には水中考古学のニュースであふれかえっています。ネットなどで検索をかけるとたくさん出てきます…あ、残念ながら、英語で検索した場合です。

そのようなニュースを羅列しても仕方がないのかなと思い、今日は、ある一定の条件のもと探したニュースを紹介いたします。その条件とは…

水中・海事考古学関連でさらに、

 1.すべてSNSなどから得た情報で、信頼性の持てるニュース記事のリンクが張られていたもの。

 2.検索はかけずに、すべて自分の知っている人(会ったことがある人)がのせた記事から得たリンクを紹介。

 3.2016年5月19日の0時から23時59分までにその友人がシェア・投稿したニュースに限る。

 4.あまりに日付が古い記事や、同じ記事は紹介しない。

 5.独断と偏見により、面白くない記事は載せていません(4件ありました)

 

つまりは、世界の水中考古学者はだいたい1日にこのくらいのニュースは平均的に見ていることになります。また、余談ですが、グーグルアラートなどでキーワードをかけていると、1日平均4~5件新着記事があります。ネットでかかりにくい記事、英語と日本語以外のニュース記事もあるので、世界で水中考古学関連のニュースは1日10件以上は出ているのかとは思います…これが、多いと見るか少ないと見るか。ちなみに、日本の新聞・テレビなどで考古学一般のニュースは平均1日何件ぐらいでているのでしょうか?

では、紹介いたしますが、注意点が一つ。私も今日ぱっと見て読んだ記事ですので、間違った情報を書いているかもしれませんが、その辺はご理解を。今回の目的は、24時間で水中考古学に関連するニュースがどれだけ出回っているかをしってもらおうかな、と思ったので。

 

1.イスラエル・ヘロデ王の港跡の沖に様々な遺物を積んだ船が発見! こちらのニュースなどメディア各種が伝えてます。

ローマ時代の沈没船のようですが、かなり貴重な遺物(コインや銅像など)が積まれていたようです。

 

2.水中から北米最古(かも?)の遺跡。

いわゆるクローヴィス時代よりも前の遺跡の可能性が指摘されております。1万4000年前。日本の海岸線などにも日本人の起源を探るのに重要な遺跡がありそうですね。骨などもかなり状態の良いものが発見されているようです。

発掘の様子のビデオなど詳しい説明はこちら

 

3.アラビアにおける水中考古学の本が出版

ユネスコからですが、この地域における水中考古学の取り組みなどについて書かれているそうです。ちなみに、アラビア語で最初に水中考古学について書かれた本は1965年出版されたそうで、50周年を迎えてからの現状の意味もあるのかどうか…

 

4. 水中カメラを利用した遺物などの実測について

最近の技術の発達により、水中で簡単に3次元実測できちゃいます。特に時間的制約のある水中では有効な方法。

 

5.大英博物館~エジプトの水中遺跡の特別展

あの有名な大英博物館にて、水中考古学の展示が行われるようです。エジプトの水中遺跡関連の展示ですね。数年前に横浜でも展示が行われたものを発展させたような内容かなと思います。

 

6.オランダがユネスコ水中文化遺産保護条約を批准?

書いているときにちょうど入ってきたニュース。えーと、オランダ語が読めないので… でも、どうやらオランダがユネスコ水中文化遺産保護条約を批准することになったのか… 英語の記事がないので、また、上で示した条件での実験中なので。このニュースに関しては、別に紹介するかもしれません。

 

日本のニュースに関しては、だいたい3日前までです。手法は同じく、フェイスブックなどを通して収集したニュース情報です。他にも日本語の水中考古学関連ニュースはあったのですが、誰もシェアしていなかったので…紹介していません。残念…?

1.水中考古学へのいざない (連載記事) 産経新聞・日本語ですよ!

産経新聞で連載記事です。井上たかひこさんが書かれています。2週間に一度の記事だと思いますが、日本・世界の水中遺跡を紹介するものです。実際に井上さんが発掘に参加した遺跡や、しっかりと情報を集めて書いているようです。

井上さんのこちらの本は詠まれた方も多くいらっしゃるのでは?

 

2.月刊ダイバー連載記事 こちらの連載は長く続いてますね!

根府川沖海底遺跡 海底に残された震災の記憶!

 

番外編…

海外のニュースブログの記事ですが、海外でも人気の高い鷹島海底遺跡について書いてます。昨年発見された元寇船ですが、2016年5月2日に特集で組まれています。

オランダと日本の伝統の味!長崎平戸のスイーツ! とくに水中考古学というわけではないですが、海を介した交流には船が必要だったわけで、この当時の沈没船が発見されるといろいろなことがわかるでしょうね。平戸周辺にも水中遺跡がありそうですね。

 

 

今週のニュースです。

今週のニュースです。今日は少数精鋭、少し長めに解説しています。

 

韓国で朝鮮王朝時代の沈没船発見される!高麗時代の船は数隻発見されているので、記録の残る伝統造船技術とそれ以前の考古伯資料をつなぐ良い資料となるでしょう。韓国の水中考古学は良い発見がいっぱいありますね、さすが。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2014/11/05/3000000000AJP20141105000900882.HTML

 

クック船長の船~調査継続中。海域にすでに数隻発見されている船の可能性もあるそうです。また、何をしてクック船長の船であったと断定できるのか?答えを求めて研究は続く。

http://www.wptz.com/sports/underwater-jigsaw-puzzle-of-captain-cook-ship/29518960

 

こちらは少し難しいニュース。マルタ島で新しく海岸の道路を拡張するそうだが、その工事により影響が及ぶエリアは海にもおよび、考古学調査を必要とする範囲は海上にまで広く及んでいます。「陸」の開発ではありますが、海への影響も考え、きちんと事前審査する必要があるとのこと。陸の調査ですこしだけ護岸工事をする必要があるそうですが、それによりそのエリアの植生や潮の流れが変化する可能性があるそうです。そうなると、例えば砂が今までは堆積していた場所が今度は砂が流されてしまう可能性もあります。砂に埋もれていれば安定していた遺跡もこのことにより破壊されてしまう…護岸工事など原因者負担でどこまで考古学の事前審査を行うか難しい問題です。

海の場合、周知の遺跡と隣接するエリアでも工事をしてしまうと、広くその影響がでるため、遺跡のあるエリアだけでは充分な対策にならないということです。難しい問題ですね。

http://www.timesofmalta.com/articles/view/20141109/environment/Ecology-archaeology-and-roadworks-at-Burmarrad.543320

読売新聞の記事について…

8月25日の読売新聞に水中考古学について記事が載っていた。オンラインではごく簡単に触れているだけだが、実際の新聞記事はもう少し掘り下げて書かれていた。

内容であるが、基本的には今までのニュース記事と同じである。近年、長崎県鷹島で発見された元寇の沈没船が話題を呼び、注目を集める水中考古学。日本には知られている水中遺跡は500件ほど。だが、世界の水中遺跡のマネージメントに比べ日本は遅れている。特に国として方針があるわけではない。しかし、水中での発掘には莫大な費用が掛かるので国としての対策が必要だと…

特に新しいことは書かれていないが、水中考古学を知らなかった人にとっては面白い記事だろう。ある一点を除いて特に間違った情報もなく、この学問に好意をもって書かれているようだ。さて、その間違い(?)だが、水中での発掘は陸の発掘より10倍の費用が掛かるというくだり。

何をもって10倍としているのか不明である。遺跡の範囲のことだろうか?水中遺跡の特色、果たしては考古学という学問の特徴を全く理解していない全く見当はずれな意見に思える。もちろん、このような考えが未だに存在しているのは、我々水中考古学者がしっかりと情報を伝えきれていないという側面もある。そのため、このブログを持って少しでも役に立てたらと考えている。

水中遺跡は有機物の保存状態が良いので、陸上の遺跡からは普通には発見できない遺物が多く見つかる。陸上の遺跡をいくら掘っても発見できないような遺物も水中には眠っている可能性もある。また、沈没船などは一括性の遺物・遺跡であり、その当時の時代をそのまま映し出す存在であり、歴史的・考古学的に研究価値のあるものである。例えば、古代の沈没船で三角縁神獣鏡を運んでいた船が見つかったとしよう。この遺跡の範囲は大きくはないだろうが、計り知れない歴史的価値があろう。

しかし、これは、あくまで発掘をするとなった場合の話である。現在、世界では水中遺跡は発掘をしないで現地保存が基本となるつつある。ユネスコも現地保存を第一オプションとすることを薦めている。また、水中考古学マニュアルの類には、水中での発掘方法はほとんど触れていない。逆に、開発などでやむを得ない場合にのみおいて行う行為であり慎むべきであると書かれている。

水中遺跡も陸上と同じように開発との共存の道を取る。つまりは、開発などをおこなう原因者(工事会社など)が発掘の費用を負担する。陸と全く同じ考えだ。世界では、特に陸と水中の遺跡を区別していない国が多くなっている。ちなみに、日本の法律には水中遺跡について言及されていない、世界的に珍しい国である(他のアジアで水中遺跡についての法律がない国はモンゴルと北朝鮮)。工事会社は、もちろん発掘に費用をかけたくない…つまり、工事建設予定地に水中遺跡があった場合はその場所を避けて工事をする、新しい建設プランを建てる。

欧米などでは水中遺跡のありそうな場所や、今までの工事や他の産業から得られたデータを集約し、水中遺跡のデータベースを作成している。このデータベースは国や地方自治体が管理していることが多い。海の上に建設を行いたい会社はこのデータを基に、水中遺跡がなさそうな場所に工事をする。もちろん、工事の前には事前審査(サーヴェイ)を行う。アメリカ・メキシコ湾では油田のパイプラインに伴う工事で2000件以上の水中遺跡が発見・登録されている。音波探査機など水中を見ることができる機器はここ数年飛躍的に進化し、値段も安くなっている。すでに、ソナーなどは個人で購入できる値段となっている。

基本的には、陸と水中の遺跡のマネージメントは変わらない国が多い。開発に伴う緊急発掘が現実で、その費用は工事会社の負担となる。ただし、水中の大きな違いは、建設のプランが比較的自由に変更できることにある。陸の場合、ビルを建てるとなるとその建設予定地を変えることは難しい。しかし、海の上はそれが容易だ。事前審査をしっかり行って水中遺跡を壊さない場所に施設を移動することに建設会社にとって大きな負担とはならない。逆に、遺跡を破壊してしまった時のほうが会社のイメージダウンなどにつながる可能性もあり、それは避けたいことであろう。

少々長くなったが、結局一番書きたかったことは、水中遺跡のマネージメントはそれほどお金を必要としないということ。世界の水中考古学は、これらの開発を行う会社と共存をすることにある。そのシステムに国や地方自治体の協力が必要である。水中遺跡が発見された場合に、その価値を吟味し、そして、真に学術的価値の高い遺跡があった場合において発掘を行うのだ。

以上を考えると、ビルなどの開発のプランがあり、その範囲内に遺跡があったら発掘を行うことが当たり前となっている陸上の遺跡のほうが極端にお金がかかるように思える。開発のプランが提出されても、実際に発掘を行うことが少ない水中遺跡は効率が良いと考えられる。

水の上で開発を行う際にサーヴェイなどの義務化、水中遺跡のデータベース作成など、国や地方自治体ができることは充分ある。今、日本はようやくその道を模索し始めている。

 

 

 

 

 

 

ニュースのまとめ

ここ2~3日の水中考古学関連のニュースをまとめました。本当は、毎日これぐらいはお伝えしたいのですが…世界のニュースなので英語がメインです。セノーテの動画は綺麗ですね...

 

タイタニック・テーマパーク中国にオープン予定

http://www.reuters.com/article/2014/01/13/us-china-titanic-idUSBREA0C06S20140113

 

スリランカ沖で蒸気船発見

http://www.nation.lk/edition/news-online/item/24945-largest-steamer-shipwreck-discovered-off-batticaloa.html

 

ワイト島(イギリス)にある8000年前の水没遺跡が失われつつある…

http://www.iwcp.co.uk/news/news/archaeology-at-risk-52385.aspx

 

マヤ文明のセノーテ(水中洞窟)のビデオ。ナショナルジオグラフィックチャンネル

http://news.nationalgeographic.com/news/2014/01/140116-maya-mexico-yucatan-cenote-bones-haunted-taboo-archaeology-science/

 

スコットランド沖のサーヴェイで新たに沈没船を数隻発見。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-highlands-islands-25757943

 

オーストラリアに最初に到達したのは、ポルトガル?

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-25763688

世界のニュース(水中考古学)

水中考古学は世界では意外とポピュラーな学問です。このサイトでも世界の水中考古学のニュースを紹介していますが、それも氷山の一角です。

日本ではなかなか実感が湧かないので、今日は、ここ4~5日前から集めた水中考古学関連ニュースのリンクをご紹介します。

 

メキシコ湾(深海)での調査(ライブ映像)

http://news.nationalgeographic.com/news/2013/07/130719-shipwreck-gulf-mexico-archaeology-ocean-science/

 

ミシガン湖で子供のための水中考古学体験(水中ロボットなど)

http://www.jsonline.com/news/milwaukee/youths-explore-lake-michigan-shipwreck-with-underwater-robots-b9958552z1-216357391.html

 

マルタ島でのローマ時代の沈没船調査(ビデオあり)

http://www.timesofmalta.com/articles/view/20130722/local/Mellie-a-wreck-yielding-secrets-of-Roman-times.478994

 

シチリア島の沖から10万年前の象牙を発掘!

http://news.discovery.com/history/archaeology/fossilized-elephant-tusk-found-on-seafloor-130719.htm

 

こちらもシチリア島沖。ポエニ戦争で使われたアンカーなど発見

http://news.discovery.com/history/archaeology/ancient-anchors-sicily-punic-wars-130703.htm

 

アメリカ南北戦争時の沈没船発見

http://news.discovery.com/earth/oceans/civil-war-steamer-found-off-south-carolina-130630.htm

 

5万年前の水没林発見(考古遺物はないけど...)

http://live.huffingtonpost.com/r/archive/segment/50000-year-old-swamp-discovered-by-scuba-divers-off-alabamas-coast/51dc7b872b8c2a317c000167

 

海賊黒ひげの沈没船調査まだまだ継続中

http://www.carolinacoastonline.com/news_times/news/article_bd64c47c-e67c-11e2-857f-0019bb2963f4.html

 

(おまけ)

プーチン大統領と沈没船調査

http://www.3news.co.nz/VIDEO-Vladimir-Putin-explores-shipwreck/tabid/417/articleID/305095/Default.aspx
http://www.heraldsun.com.au/news/world/vladimir-putin-explores-underwater-shipwreck-in-gulf-of-finland/story-fni0xs61-1226679892098
http://www.nydailynews.com/news/world/putin-takes-submarine-bottom-gulf-finland-article-1.1399833?localLinksEnabled=false
http://www.theepochtimes.com/n3/179708-putin-visits-shipwreck-doesnt-find-treasure/