ドイツフライベルク工科大学でワークショップ:International Workshop 2009: Research in shallow marine and fresh water systems

この5月にドイツの地方都市で水中探査に関わる国際的ワークショップが開かれるようです。水中考古学のみワークショップではありませんが、ワークショップで発表される技術は私たちの分野でも活用が期待されるものです。

アジア太平洋地域における水中文化遺産保護のためのネットワーク構築と人材育成

ユネスコ水中文化遺産保護条約では、地域間連携に基づいた効果的な水中遺跡の保護について規定しています。アジア・太平洋地域では水中文化遺産保護に携わる人材の育成が徐々に進んでいます。フリンダース大学の海事考古学プログラムはオ …

東京海洋大学

今まで日本国内で水中・海洋考古学を学べる機関は存在していませんでしたが、2009年度から東京海洋大学で正式に学ぶことが出来るようになりました! 日本国内の今後の学問の発達に向け大きく前進したこととなります。まだ小さなプロ …

トルコの水中遺跡

トルコ、イズミルの近くのウルラ海底遺跡で発掘が始まったそうです。この調査はアンカラ大学が主体となっています。 この遺跡は2007年に紀元前7世紀頃のイカリが発見されたことが今回の調査のきっかけとなっています。この遺跡は古 …

今年の発見トップ10

アメリカの一般雑誌Archaeologyが今年の考古学発見トップ10を発表した模様。なかなか考古学的に面白い発見があった年なのでしょうか?ものすごい発見と言う発見は目に付きませんが、ヨーロッパ最古のホモ・エレクタスのあご …

Trouvadore号発見!

Trouvadore は1841年に沈没したスペインの船で、当時奴隷を運んでいました。船はタークス・カイコス諸島付近で沈没しましたが、何人か無事に脱出した人々は近くの島に住み着き生活を始めました。今日この周辺の島に住んで …