水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

ナイル川の遺跡調査

ナイル川の本格的な水中考古学サーヴェイが行われるそうです。アレキサンドリア水中遺跡の調査団長とエジプト考古学の権威ザヒ・ハワス先生が指揮を取るようです。アスワンとアバイドス間を主に調査するようです。GPS連動のサイドスキャンソナーを使って調査をします。

海水と違い淡水は保存状況が良いのと、ナイルの泥が遺物を保護している可能性があり、大型の船やオベリスクを運んだ船などが発見されることが期待されます。


ナイル川の遺跡調査 の詳細は »

水中考古学 掲示板

水中(海洋)考古学のディスカッショングループ「Sub-Arch」についてはリンクでも紹介してありますが、ここ最近になりいろいろと書き込む人が多くなっているようです。

海洋考古学のあり方についてなど盛り上がっているようです。ほとんどすべて英語なのが残念です…興味のある人はのぞいてみて下さい。 

どの沈没船2?

[ 問題 ]

下の簡略図はどの沈没船のものでしょう?
外板の張り方のパターンを分かりやすく色分けしてあります…

  1. テクタシュ・ブルヌ沈没船
  2. ポンタナ・ロンガリーニ沈没船
  3. キレニア号
  4. 泉州沈没船
  5. 新安沈没船


答えを見る »

どの沈没船?

[ 問題 ]

下の図の沈没船は?
ヒント:外板から隔壁を固定するためのスティフナーが取り付けられています。

  1. メリーローズ号
  2. 新安沈没船
  3. 遣唐使船
  4. 泉州沈没船
  5. 蓬莱沈没船


答えを見る »

アルバニア沈没船

アルバニアで調査(サーヴェイ)を行っていたRPM Nautica Foundationが紀元前4世紀の沈没船を発見したそうです。

アルバニアの水中考古学の発展に貢献できればと期待されています。まだ詳しいこといはわかっていません。


アルバニア沈没船 の詳細は »

南海1号 アップデート

現在引き上げが進行中の南海1号です。船を丸ごと引き上げてあとで発掘する計画ですが、現在、船の下に通すスチールビーム34本のうち最初の1本を通したそうです。このスチールビームは中が真空になっており、引き上げの際に空気を送り込むことによって浮力がます仕組みになっています。

南宋(1127-1279)に作られた貿易船で、海のシルクロードの解明のための重要な遺跡で、6-8万件の遺物が一度に引き上げられます。船は約30mあり、この時代では最大級の船の大きさになります。引き上げた後にプールに移し発掘を行う予定だそうです。

引上げ作業が台風の影響で予定よりも遅れていたそうです...


南海1号 アップデート の詳細は »

イギリスでヴァイキングの船“再”発見

1930年代に一度発見され、当時埋め戻された船が再発見されたようです。当時工事に居合わせた関係者の子孫がNottingham Universityに連絡をこのたびしたようです。地中探知レーダーで調べたところ10m以上ある船影が見つかりました。含水量の多い粘土層に埋まっており保存状況は良いと判断され、今後の発掘が計画されています。


イギリスでヴァイキングの船“再”発見 の詳細は »

インドの水中考古学 まとめ

インドの海岸線は7500kmあり、その大部分がまだ考古学遺跡の発掘のためのサーヴェイなどがおこなわれていません。インドの水中考古学が始まったのは1980年代からで、諸外国に比べて20年送れての始まりでした。

1981年にTamil NaduのKaveripatnamで発見されたSangam時代の水没遺跡、その後のベンガル湾でのプロジェクトなどが始めでした。近年ではDwarkaの水没都市とローマの沈没船など。また、Mahabalipuram(これもTamil Nadu)の水没神殿跡なども有名なプロジェクトです。

また、沈没船、湖や川沿いの旧石器時代の遺跡などさまざま発見・発掘されています。開発が進む中、これらの遺跡を守る必要があります。そのため、インド政府関係機関はこれから5年間で水中考古学を専門とする研究者を100人にまで増やす予定だそうです。


インドの水中考古学 まとめ の詳細は »

オセアニア大航海展

「オセアニア大航海展」が今週木曜日(9月13日)より12月11日
まで、吹田・万博公園内の国立民族学博物館で開催されます。

太平洋の島々の人々の生活・文化に興味のある人はぜひ訪れてください。国際シンポジウム、ワークショップ、映画会、歌や踊りなど、多彩な催し物も開催するそうです。毎週土曜日は小中高生は無料ということで、生徒にもお勧めです。

キプロス島 アレキサンダー大王の船

306BCにアレキサンダー大王がキプロス島を攻略するために攻め込んだ時の海戦の跡地でソナーなどを使ったサーヴェイ探査が行われています。すでにローマ時代の商船が発見されています。

キプロス島は交通の要所として古代から重要な役割を果たしており、数多くの沈没船がまだ沈んでいると推定されます。特に有名なキレニア沈没船もキプロス島近海で発見されています。


キプロス島 アレキサンダー大王の船 の詳細は »