水中の洞窟

今から約6000年前、オーストラリアのシドニーの海岸線は20-30kmほど現在よりも沖にあったそうです。つまり、当時の生活の跡は海の底にあるはずです。特に、現在入り江になっている場所では波の影響などを受けにくいので遺跡が …

韓国の沈没船 

70年代の新安沖海底遺跡から始まった韓国の海事考古学ですが、近年では毎年のように沈没船が1-2隻発見・発掘されているようです。2004年からは全羅北道群山の十二東波島、2005年は全羅南道安佐島、去年は京畿道大阜島など、 …

雲南省の撫仙湖の遺跡

中国雲南省の撫仙湖の底には石で作られた水没した都市があるそうです。天気のいい日などには山の上から影が見え、また遺物なども時折発見されたりしています。他にも様々な伝説がありますが、雲南省の水中考古学チームが簡単な調査を行っ …

Isle of Wright 8000年前の水没遺跡

イギリスのIsle of Wright沖で1980年代に発見された約8000年前の水没遺跡があります。特に有機物の保存が良いので今まで地上の遺跡からは発見されることがなかった種類の遺物などが期待されています。しかし、潮の …

丸木舟5艘発見

福井県若狭町鳥浜で縄文時代後期の丸木舟が一度に5艘発掘されたそうです。材質は杉で、最大のものは全長約4.7メートルあります。詳しいニュースはまだあまりないようです。一度にこれだけ発見されるのは珍しく、貴重な資料となること …

タイタニック メモリアル

1912年に沈没したあの有名なタイタニック号ですが、数多くの人が訪れているため劣化が進んでいます。この沈没船を守るため、アメリカ、」カナダ、フランスが協力をしてこの遺跡を国際管理の水中メモリアルに指定する動きが見られます …

韓国まだまだ沈没船

韓国では沈没船の発掘が盛んですが、またまた発掘がおこなわれています。12世紀の陶磁器が500点以上引き上げられていますが、まだ2000点以上の遺物が海中にあるようです。詳しいニュースではありませんが、韓国の盛んな水中考古 …

Highborn Cay Shipwreck

16世紀のイベリア半島で作られた船はインドや新大陸を目指して長い航海に」乗り出しました。その中で多くの船が沈没しました。バハマ諸島で発見されたHighborn Cay沈没船はその中の一つです。発掘から得られた推定の大きさ …

第2回 セミナー成功!

6月30日、第2回海洋考古学セミナーが行われました。当初の予定50名をはるかに上回る参加者があり、多くの方にこの学問を知っていただける機会となりました。第3回も予定を組んで行きますので、今年参加できなかったかたも来年はよ …

真珠の詰まった箱発見

最近、トレジャーハンター関連のニュースが多いですね。貴重な遺物が引き揚げられ販売されている現状は考古学立場から賛成しかねるのが事実です。 トレジャーハンター会社が17世紀のスペインの沈没船 Santa Margarita …

南海2号?

中国でまた大型貿易船が発見されたようです。広東省での発見され、陶磁器などから明代のものだと考えれれています。 http://news.yahoo.com/s/nm/20070613/sc_nm/china_treasur …