ヴァーサ号引き上げから50年

17世紀、スウェーデンが国の威信をかけて建造したものの、最初の航海でストックホルム湾内で沈没したヴァーサ号は有名です。1960年代に発見され引き揚げ、発掘、保存処理が行われ、現在では船が丸ごと見れる博物館が建てられました …

Belitung Shipwreck

アラブ・インド・ペルシャの商人は中国の唐の時代に中国に船で出向いて貿易をおこなっていました。このころの船、9世紀あたりの船が以前インドネシアで発見され、トレジャーハンターによって発掘されました。しかし、トレジャーハンター …

お願い

今回の大地震と大津波は我々の想像をはるかに超えるものでした。被害の状況はまだまだわかりませんし、世界のメディアは日本のニュースがいつまでも流れている状態です。災害にあわれた方、現在避難所などで苦しい思いをしている方々に何 …

AJ Goddard

AJ Goddardという小さな船が100年以上前にカナダとアラスカの国境付近の湖で沈没しました。ちょうど、カナダのゴールドラッシュ時代の船ですが、殆ど歴史から忘れ去られていました。しかし、つい最近、この船が発見されて話 …

トルコ水中考古学ー週刊朝日

現在発売中の週刊朝日にトルコの水中考古学について写真が載っています!グラビアで写真家の赤木正和さんがトルコの水中遺跡(水中ミュージアム)などで取った写真が掲載されております!赤木さんのウェブサイトも拝見して見てください!

水中考古学 注目の鷹島

2年ほど前に作られたビデオですが、こんなものが作られていたとは知りませんでした。 元寇終焉の地で知られる長崎県鷹島海底遺跡の紹介ビデオですが、子供向けに分かりやすく水中考古学のこと、保存処理など説明してあります。「子供向 …

アルバニアの水中考古学

最近、アルバニアの水中考古学が話題となっております。 アルバニアってヨーロッパのどこ?と思っている人も多いのではないでしょうか?ボスニアやモンテネグロとかが並ぶバルカン半島にあります。イタリアの向かい側です。 近年まで非 …

ツイッター始めました

ついにツイッター始めました! なにやらサイトのあちこちにブルーの鳥のマークなどがありますが、ツイッターへのリンクです。このサイトで紹介するほどでもないようなささいな水中考古学ニュースをいち早くお届けします。できれば1-2 …

海賊黒ひげの剣

お馴染み海賊黒ひげの沈没船調査から剣が発見されたようです。ただの剣ではなく、金などで装飾が施されていた模様。詳しくはナショナルジオグラフィック社のニュースをご覧ください。また、「沈没船が教える世界史(メディア・ファクトリ …

歴史考古学総会

1月4日ー9日にかけてSociety for Historical Archaeology(歴史考古学学会)が主催する歴史・水中考古学総会がテキサス州のオースチンありました。この学会は早くから水中考古学、おもに沈没船の研 …

ペリーのお兄さんの船発見!

ペリーと言えば皆さんご存知、日本に開国を迫ったあの、ぺりーさんです。実は彼の家は名門海軍一家。彼のお兄さんも有名な海軍の船長でした。つい先日、お兄さんの船がアメリカ・ロードアイランド州沖で発見されたようです。1811年沈 …

Deetz Award 

アメリカの歴史考古学学会(Society for Historical Archaeology-SHA)は毎年1月に学会を開催しています。その中で毎年ブックアワードでDeetz Awardがあり、特に新しい分野などに貢献 …