エジプトで水中考古学のトレーニングコース

エジプトといえば、ピラミッド...ですが、近年は水中考古学も盛んです。 このたび、エジプトでユネスコ主催の水中文化遺産保護のワークショップが開催されたようです。周辺の国々から文化財担当者が集まり、5日間様々なレクチャーや …

世界ふしぎ発見!11月2日は水中考古!

ご存知、TBSの「世界ふしぎ発見!」。土曜日の夜の定番ですね。私が子供の頃からの長者番組。 今週末、11月2日は、アドリア海の沈没船特集! 貴重な水中遺跡について。 アドリア海に眠る沈没船 若き日本人学者と追う!ルネサン …

スイスが水中文化遺産保護条約を批准しました。

アルプスの少女ハイジで有名なスイス。内陸国で山ばっかりのイメージですね。 先ほど入ってきたニュースですが、ユネスコ水中文化遺産保護法を批准したそうです。 アルプス?水中遺跡?  湖や川など、内陸であっても人類は水域を利用 …

黒海の沈没船

さて、黒海。個人的には、まだ見たことない海ですが…水中遺跡の宝庫なんです。   その昔、黒海は陸に囲まれた湖でした。しかし、地殻変動などにより海水が流れ込み、海になりました。その証拠に、黒海の底には淡水の層があ …

持続可能な海洋に向けたルールづくり(SDG)

最近、よくSGDって聞きますね。持続可能な開発目標とか色々聞きますが、何のことか、よく分からない…という人が多いかと思います。 簡単に言うと、人間の生活水準を保ちながら同時に環境を守る活動を推奨する。そんな活動を世界共通 …

300年前の本。ほぼ完全な形で

バルト海で発見された沈没船から、ほぼ完全な形で「本」が発見されたようです。 ページも全部残っていたそうです。500ページ。 1724年に沈没、ただし本は1693年に印刷されているようです。 保存処理後には展示も可能だとか …

トップに戻る