水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

南海1号沈没船 発掘作業進行中

中国、宋の時代の沈没船である南海1号沈没船ですが、発掘作業がどんどん進んでいるようです。まだ詳しいことはわかりませんが、東南アジア・アラビア、そして、東アフリカにも運ばれた商品が積まれた船であったようです。この時代のごく一般的な商船であったのではないでしょうか。

ご存知の方も多いかと思いますが、沈没船を周りの土ごとごそっと丸々引き上げて、新設した博物館に持ってきてその場で発掘しています。世界的に見てかなり非現実的な、お金のかかる発掘作業方法です。また、遺物の保存処理の観点から見ても、果たして継続して保存していけるのか、また、引き上げたことによりどれだけ劣化が進んでいるのか、なかなか難しい課題が残されています。研究の成果やその歴史価値などよりも、引き上げたことに意義がある、そんな調査ですね…世界で真似できる国があるとは思えませんし、真似したいと思う国もないでしょう…さすが中国。

ユネスコは水中遺跡の管理方法に関しては一貫して現地保存を第一オプションとしています。これは、引き上げにかかる費用や保存処理の問題点を考えると、引き上げることなく水中でそのまま管理したほうが遥かに効率よく保存可能で、また引き続き研究していくことができるからです。

中国だけでもすでに多くの歴史的価値のある沈没船が発見されているので、この方法がこれから主流になることはないでしょうが、調査の経過を見守っています。世界にはすでに数千年前の沈没船から古代・中世・近代・現代など歴史・考古学的価値のある沈没船が数万隻発見され調査されています。南海1号沈没船よりも保存状況が良く、そして、文化的価値の高い沈没船もたくさんあるでしょう。その中で、なぜこの沈没船が引き上げられたのか…

いろいろと考えさせられる調査です…

日本語の(ショート)ニュース

英語(動画)ニュース

去年に続き…お正月から

今年もやってきましたね。昨年もお正月から時代感覚のないテレビ番組を放送していましたが、今年も第2弾があるそうです。来年こそはやめていただきたい。

ユネスコは水中文化遺産の保護を呼び掛けており、現在50か国ほど条約を受け入れていますす。ユネスコの条約を受け入れていない国でもその理念には賛同し合意している国も多くあります。日本は世界で数少ない水中文化遺産を保護(規定・規制)する法律がない国です。私の知っている限り、水中文化遺産について規定がない(いわゆる)先進国はありません。多くの人はわかっているとおもいますが、トレジャーハンター行為は世界の多くの地域では罰せられます。

まあ、エンターテイメントとして捉えて見ても面白いのかもしれません。しかし、他にも犯罪を美化して取り上げる番組があれば、そちらのほうが見る価値がありそうですね。どのようにして(またどのような)犯罪を扱うのか、興味があります。

沖縄の水中文化遺産

 本日は、ブックレビューです。南西諸島水中文化遺産研究会編『沖縄の水中文化遺産』です。

タイトルからすると、少し堅苦しそうですが、実はとっても読みやすい本なんです。ずっと語り聞かせるような、お話を聞いているような、(話術の巧い人のプレゼンを聞いている?)ような…スタイルで統一されています。沖縄(南西諸島)の水中文化遺産・水中考古学の魅力を聞かせてくれる本です。テンポもよく、飽きが来ません。筆者のこの学問に対する情熱と、いろんな人に読んでもらいたい!そんな思いが伝わる本です。

第1章では実際の一つの調査例から水中文化遺産の研究の方法を見ることができます。淡々と調査の結果を語るのではなく、実際のプロジェクトの発端から苦労した点など物語のように描かれています。水中文化遺産の調査は水中に潜っての調査が多いかと思いますが、実は文献資料の整理や聞き込み調査など様々な側面があることを教えてくれます。また、筆者自身が知らなかった事実をどのようにして解明していったかとプロセスとその努力についてドラマ(ドキュメンタリー)のようです。事実や意見だけを述べる専門書ではなく、筆者の学びのプロセスも隠すことなく書いているので、歴史の専門書は苦手な人でも面白く読め、そして、共感を得ることができるのではないでしょうか?また、歴史の本が好きな人でも新鮮に感じ、そして、共感する部分が多いと思います。

第2章では世界や日本の水中文化遺産の事例、そして、第3章では沖縄と南西諸島の水中文化遺産について書かれています。こちらも、自分たちが調査した遺跡についてはその発見方法や調査方法、苦労した点などについて書かれています。遺跡の紹介だけでなく、その発見が大きな歴史の流れの中でどのような意味を持っているのかを捉えて紹介しています。水中考古学というと、どうしてもその特異性から「水中で発見されました、はい、すごいですね」で終わってしまうイメージがあるようです。特に、ニュースなどのメディアなどは「発見」だけがトピックとなってしまいがちなのですが、この本はちゃんと一歩踏み込んでくれます。沖縄の歴史についても初心者にわかりやすく情報を伝えてくれます。

そして、最後の第4章。水中考古学のメソッドなどについて書かれています。この本を通してのことですが、調査の様子などをわかりやすく、筆者の体験をもとに解説しています。水中での調査だけでなく、陸上の調査や文献資料なども詳しく書かれています。水中考古学とは、つまり特殊な学問ではなく、誰でも参加できる学際的な歴史の探求であることがよくわかると思います。

沖縄にある数例の遺跡の紹介ですが、水中考古学の世界がよくわかる1冊です。日本語で書かれた水中考古学の本はいまのところまだ珍しいので、ぜひとも読んでみたいですね。水中文化遺産はごく身近な存在であり、国民全体が共有の財産として保護していく必要がある貴重なモノであることを感じ取ってもらいたいです。

表紙もかっこいいです…

 

今週もいろいろとお知らせのまとめ

 

今週も水中考古学のニュースをまとめてお伝えします!

 

日本のニュース

水中考古学について、東京海洋大学の岩淵先生インタビュー

http://www.athome-academy.jp/archive/history/0000001103_all.html

 

アジア水中考古学研究所東日本連絡会の様子

http://blog.canpan.info/ariua/archive/701

 

何度か紹介していますが、沖縄県立博物館の水中文化遺産の展示。1月18日まで!全国の水中遺跡が集結!講演も頻繁に行われていますので、要チェック。

http://www.museums.pref.okinawa.jp/museum/topics/detail.jsp?id=1273

 

NHK暮らし解説「ようこそ水中考古学の世界へ」

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/202674.html

 

 

世界のニュース

地味なニュースですが、インド洋の海の歴史の理解には重要な一歩です。インドの海事史などを中心に研究するための会議が行われた模様。インド洋を中心とした人間の交流を水中考古学などを含めた学際的な研究が行われています。学際・国際交流が盛んですね。

http://www.deccanchronicle.com/141117/nation-current-affairs/article/2-day-national-meet-coastal-maritime-history

 

アンティキティラ島の再々調査のビデオなど。例の古代のコンピューターの残りのパーツなど発見できればよいなと個人的には思ってます。

http://greece.greekreporter.com/2014/11/17/new-video-of-antikythera-shipwreck-treasures/

http://greece.greekreporter.com/tag/antikythera-shipwreck/

 

グーグルマップ(アース)で見つけられる沈没船が話題になっているようです。

http://www.inquisitr.com/1615753/mysterious-shipwreck-discovered-off-boston-in-google-earth-images/

 

アイルランドのケリー州からのニュース。以前からその存在が知られていた17世紀の沈没船のようですが、水位の変化により50年ぶりに海底面から顔を出したそうです。このまま放置すると酸素に触れて劣化が進むため調査を行うようです。ちなみに、ここで見るように世界では周知の水中遺跡がたくさんあります。しかし、それらを発掘せずに現地で保存しています。保存処理することなく保存できるからです。しかし、開発などにより自然の環境が変化し現地保存ができなくなった場合には発掘をすることになります。陸の遺跡と変わらないマネージメントが行われているよい例ですね。

http://www.irishexaminer.com/lifestyle/features/exploring-a-17th-century-shipwreck-in-kerry-with-underwater-archaeologists-298431.html

 

ギリシャのデロス島で「小さなポンペイ」発見、だそうです。海底面にかまどが発見されたようで、土器などもその中に入った状態のようです。遺跡形成の要因が気になります。詳しい調査はこれからです。

http://news.discovery.com/history/archaeology/small-underwater-pompeii-found-off-greek-island-141120.htm

今週のニュースです。

今週のニュースです。今日は少数精鋭、少し長めに解説しています。

 

韓国で朝鮮王朝時代の沈没船発見される!高麗時代の船は数隻発見されているので、記録の残る伝統造船技術とそれ以前の考古伯資料をつなぐ良い資料となるでしょう。韓国の水中考古学は良い発見がいっぱいありますね、さすが。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2014/11/05/3000000000AJP20141105000900882.HTML

 

クック船長の船~調査継続中。海域にすでに数隻発見されている船の可能性もあるそうです。また、何をしてクック船長の船であったと断定できるのか?答えを求めて研究は続く。

http://www.wptz.com/sports/underwater-jigsaw-puzzle-of-captain-cook-ship/29518960

 

こちらは少し難しいニュース。マルタ島で新しく海岸の道路を拡張するそうだが、その工事により影響が及ぶエリアは海にもおよび、考古学調査を必要とする範囲は海上にまで広く及んでいます。「陸」の開発ではありますが、海への影響も考え、きちんと事前審査する必要があるとのこと。陸の調査ですこしだけ護岸工事をする必要があるそうですが、それによりそのエリアの植生や潮の流れが変化する可能性があるそうです。そうなると、例えば砂が今までは堆積していた場所が今度は砂が流されてしまう可能性もあります。砂に埋もれていれば安定していた遺跡もこのことにより破壊されてしまう…護岸工事など原因者負担でどこまで考古学の事前審査を行うか難しい問題です。

海の場合、周知の遺跡と隣接するエリアでも工事をしてしまうと、広くその影響がでるため、遺跡のあるエリアだけでは充分な対策にならないということです。難しい問題ですね。

http://www.timesofmalta.com/articles/view/20141109/environment/Ecology-archaeology-and-roadworks-at-Burmarrad.543320

沖縄県立博物館・美術館 博物館特別展 『水中文化遺産~海に沈んだ歴史のカケラ~』

水中文化遺産の保護が日本国内で一番進んでいる場所、それが沖縄県です。海がきれいですし、納得ですね。沖縄の水中文化遺産の多くはきちんと周知の遺跡となっており、法律により保護されています。他の市町村も多くのことを学ぶことができるでしょう。

沖縄の水中文化遺産地図はコチラで拝見できます!

さて、その沖縄ですが、ただいま沖縄県立博物館において、特別展 『水中文化遺産~海に沈んだ歴史のカケラ~』が開催sれています!

【会  期】2014年11月8日(土)~2015年1月18日(日)

 

ちなみに、今週末は、このブログの管理しております私の講演もありますので、お近くにお住まいの方、もしくは、沖縄に来られる予定のある方は是非ご参加を!

11月15日(土)14:00~16:00(開場13:30)

講師:ランディー 佐々木 氏(福岡市文化財部)
場所:3F 講堂
定員:200人(当日先着順、予約不要)
※入場無料

キーワード
水中文化遺産  UNESCO  海事考古学  開発と文化財の共存  現地保存

近年、「水中考古学」が日本でもニュースなどで取り上げられる機会が増えてきたが、実際にこの学問を理解しそれを実践している人はまだ少ない。世界ではユネスコの水中文化遺産保護の働きかけなどもあり、一般にも広く認知された学問として発達してきた長い歴史がある。沖縄ではこの分野への理解が深いが、それでも世界に比べるとまだ学問としての認知度は低いことは否めない。
そこで、世界の水中文化遺産の保護・活用や近年の研究のトレンドについて紹介する。また、この講演を通して、沖縄での取り組みを活かしながら、日本国内全体で今後どのような水中(海事)文化遺産の保護・マネージメントを敷いていけば良いかを考えるきっかけとなれば幸いである。

 

ちなみに、沖縄の水中文化遺産の本も先日発売されたばかり!

 

 

本日のニュース

毎日いろいろと水中考古学のニュースが入ってきますが、今日のまとめ。

 

http://www.startribune.com/nation/280530592.html

フロリダの水中考古学チームが地中海で紀元前200年ごろの沈没船を調査中。

 

http://www.cbsnews.com/news/divers-explore-ancient-shipwreck/

コチラも上と同じニュース。ビデオ付。発掘風景が格好いい!

 

http://antiguaobserver.com/us-archaeologists-searching-for-artefacts-from-1677-franco-dutch-naval-battle/

トリニダード・トバゴで1677年のオランダ・フランスの戦いで沈んだ船を調査中。

 

http://luminanews.com/2014/10/blackbeards-cannon-exposed-in-exhibition/

海賊黒髭の沈没船の調査継続中。また大砲を引き上げたそうです。

 

http://www.app.com/story/news/local/ocean-county/2014/11/01/th-century-shipwreck-uncovered-brick/18350965/

アメリカ・ニュージャージー州で堤防建設中に19世紀の沈没船発見。工事ストップ中。

 

水中遺跡のニュース (鷹島海底遺跡など)

先日、鷹島海底遺跡で2隻目の元寇の際に使用した(可能性の高い)船が発見されたニュースが報道されました。

しかし、実際には世界各地、日本各地で様々な水中文化遺産が人知れず眠っています。海外では水中文化遺産の調査が盛んで、最近では中国やインドなども海洋政策の一環として経済だけでなく文化事業も明確に打ち出しています。

今日は、ここ2~3日の間に出た水中・海事考古関連のニュースを数件集めてみました。気になるリンクも載せていますので、ご覧下さい。

 

PADI連載コラム(海の遺跡)  ダイバーのための連載コラム。水中遺跡などをわかりやすく説明しています。

鷹島海底遺跡のニュース   グーグルでニュースを集めてみました。

ちょっと関係ない… 李舜臣の映画が韓国で大ヒットらしい  最近の韓国・日本の関係を考えると少し難しい内容かもしれませんが、歴史を学ぶきっかけとして。面白そうです。

 

ここから下は英語のみです。

アンティキティラ再調査のページ(かっこいい・ビジュアルが良い。英語が読めなくても満足)

ギリシャ・アンティキティラ島の沈没船(最古のコンピューター?) 最新の技術を使い、水中を再調査

カナダの総理大臣も喜びを表明!サー・ジョン・フランクリンがカナダ北極圏探検で乗った船が発見(1845年) 日本の首相も鷹島の発見は喜んだのか?

ニュージーランドで最古のカヌー? 最初の移民の定説とされる時期より100年早い…

1533年にクロアチア沖で沈没した船を調査(テキサスA&M大学)

スペイン・アルマダ艦隊の舵が発見

 

この他にも関連のニュースはいろいろありますが、今日はこの辺で。

 

インドの海事文化戦略 Project Mausam

中国はここ最近海洋政策を打ち出して積極的に南シナ海やインド洋にも影響力を伸ばしてきています。これは、海洋資源の獲得だけでなく様々な要因(主に経済的ですが…)を含んでいます。中国は明の時代の海洋政策(鄭和の大航海)の歴史を持ち出し、過去においてインド洋(アフリカ東海岸)との繋がりがあったことや、平和的(?)な交友を強調しています。数百年前の中国の海洋文化を再発見し、現代の社会にそれをオーバーラップさせて中国の影響力を様々な地域で広めています。

中国の海洋政策は歴史や文化のリバイバルも含めた一つのおおきな動きとして捉えることが出来ます。過去の中国の海洋国家の歴史を現代にも再現しようというものです。実際に、ケニアの水中考古学チームと合同研究を行っています。そして、インドやスリランカにも文化・経済的な影響力を強めようとしています。

さて、この現状でインドが中国に「対抗」する手を打ち出しつつあるようです…インドも過去の海事国家としての栄光の歴史を呼び戻して、現在の制作に意義を与える動きがあるようです。それがプロジェクト・マウサム(Project Mausam)このプロジェクトの目的ですが、考古・歴史資料からインド洋の海事史を再発見することにあります。また、スリランカ、アフリカ海岸、アラブ諸国、東南アジアとのつながりを重視し、海を介して共有する文化を学ぶことにあり、学際・国際研究を通して広く一般にも地域の海事文化を知ってもらうことにあるようです。

このプロジェクトでは海事歴史景観のコンセプトやUNESCOなどとも協力をしながら様々な研究を行っていく模様です。プロジェクトのゴールは1)過去に存在した地域の共有の海事・海洋文化を再発見し、それをこれからのあたらしい国際関係の考え方にも反映していくこと。2)一見すると個別に見える各地に存在する文化遺産であるが、過去においては文化的な繋がりが存在していたことを確認すること。3)海事・歴史景観を再確認し、広く共有する文化を確認し、現在の国家や民族の在り方を考え、今後の国際関係の安定した発展に寄与する。4)インド洋全体で海事を中心とした世界文化遺産の考え方を生み出し、観光や文化遺産の保護に役立てる…とあります。

もちろん、水中・海事考古学がこの国家文化プロモーションプロジェクトに関わってくることは間違いないと思います。詳細はまだわかりませんが、ここ10年のインド・スリランカの水中考古学の発展を見ると納得がいく政府の動きであるように見えます。中国・インドと国が海事文化の理解を示し、経済発展や国家同士の友好のプロモーションとして打ち立ています。世界的に見ても、海事文化が見直され、海事博物館が建設されたり、水中(海事)考古学が重要視されてきています。UNESCO水中文化遺産保護条約も50か国が承認しています。そのようななか、日本はどうでしょうか?

もしかして、中国と対立と思うかもしれませんが…?水中考古学が国家戦略に使われる?まあ、どちらも平和的な交友と経済発展を望んでますので、良いことでしょう。大きな成果を期待してます。

Mausam Project

こちらのニュース記事もご覧ください

 

水中考古学:講演会のお知らせ

改めてご連絡いたします!9月27日(土)に、福岡にて水中考古学の講演会を行います!

2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所西日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)

日 時:9月27日(土) 14:00~17:30

場 所:福岡市埋蔵文化財センター(研修室)

http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/guidance.html

「ミニシンポジウム:アジア太平洋地域水中文化遺産会議からのメッセージ」

報  告:

1.「世界の水中文化遺産保護の取り組み」

ランディ・ササキ(アジア水中考古学研究所会員)

2.「アジア太平洋地域水中文化遺産会議から見えてきたもの」

今林 隆史(RKB毎日放送)

3.「南西諸島の水中考古学:現在の到達点と未来への展望」

片桐 千亜紀(アジア水中考古学研究所理事)

4.「水中文化遺産としてのアリゾナと記憶としてのアリゾナ」

中西 裕見子(大阪府教育委員会)

パネル・ディスカッション:

1.「これからの日本の水中考古学」

岩淵 聡文(アジア水中考古学研究所理事)

2.総合討論

討論の後、懇親会がございます。どなたでも参加OKですので、出席ご希望の方は事前にご連絡をお願いしております!

お問い合わせは shipwreckarchaeology@gmail.com までお願いいたします。

水中考古学に関する講演はなかなかないので興味のある皆様にはとても良い機会だと思います。また、興味のない人にこそ来てほしいと思っています。というのも、水中遺跡を発見するのはほぼ決まって考古学者以外の人です。海を大切にする人、海と関わる仕事をしている人に参加してほしいと思っております。

symposium-underwater