U-3523 発見!

さて、見出しだけだとなんだかわからない人も多いでしょうが、おそらく一度は耳にしたことのある潜水艦です。 U-3523はナチスドイツの潜水艦(Uボート)で、おそらく最も有名なものでしょう。当時の最新鋭の技術を積み込んで完成 …

水の中からよみがえる歴史

九州国立博物館では、夏休み期間中に水中考古学の特別展示を行います! 詳しくは、九博ホームページで!  「水の中からよみがえる歴史‐水中考古学最前線‐」 2017年7月15日~9月10日まで 水中考古学のこれまでの歴史を振 …

BIKI 水中ドローン

魚型水中ドローンが開発されているようです。 お値段も手軽、もちろん、カメラも搭載。操作性も良さそうです。流れの速いところでは、ちょっと流されてしまいそうではあります。水中考古学の調査には、これだけのスペックでは難しいかも …

埋め立て地の下から船など

サンフランシスコやニューヨークなど、大都市は港町として栄えてきました。都市の拡張ととともに、港の一部を埋め立て、ドンドン海側へ土地を広げてゆく...そう、東京など日本の都市も同じですね。江戸の古地図と現代の地図を比べると …

旧日本軍の潜水艦

伊号潜水艦…。当サイトも、だいぶ前から続けていますが、潜水艦はよく扱っています。 伊58号は、個人的には最も興味のある潜水艦です。インディアナポリス号をフィリピンで撃沈したことで有名です。実は、このインディアナポリス号は …

カタールの水中考古学

近年、世界各地で水中考古学の研究が進んでいます。ペルシャ(アラビア)湾にある国々もその例外ではありません。 カタール大学、ヨーク大学、イタリアの文化庁などとの国際研究事業として、カタール周辺水域の環境と文化遺産の調査を行 …

コロンブスのアンカー発見か?

今、ひとつメディアの間で話題になっている水中遺跡関連のニュースがあります。 1492年にスペインから出港し大西洋を越えてアメリカ大陸(の沖の島)に到達したコロンブスが使ったと思われるアンカーが発見された…らしいです。が、 …

水中考古学へのいざない カリブの海賊は「荒くれの大男」ではなく意外と小柄だった

毎月連載、産経WESTの、「水中考古学へのいざない」 井上たかひこさんが、毎月書かれている記事。早くも、12回目となりました!今回は、海賊船の話のようです。井上さんの記事を読む前にひとこと。 大航海時代以降、カリブ海で活 …