水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

水中遺跡のニュース (鷹島海底遺跡など)

先日、鷹島海底遺跡で2隻目の元寇の際に使用した(可能性の高い)船が発見されたニュースが報道されました。

しかし、実際には世界各地、日本各地で様々な水中文化遺産が人知れず眠っています。海外では水中文化遺産の調査が盛んで、最近では中国やインドなども海洋政策の一環として経済だけでなく文化事業も明確に打ち出しています。

今日は、ここ2~3日の間に出た水中・海事考古関連のニュースを数件集めてみました。気になるリンクも載せていますので、ご覧下さい。

 

PADI連載コラム(海の遺跡)  ダイバーのための連載コラム。水中遺跡などをわかりやすく説明しています。

鷹島海底遺跡のニュース   グーグルでニュースを集めてみました。

ちょっと関係ない… 李舜臣の映画が韓国で大ヒットらしい  最近の韓国・日本の関係を考えると少し難しい内容かもしれませんが、歴史を学ぶきっかけとして。面白そうです。

 

ここから下は英語のみです。

アンティキティラ再調査のページ(かっこいい・ビジュアルが良い。英語が読めなくても満足)

ギリシャ・アンティキティラ島の沈没船(最古のコンピューター?) 最新の技術を使い、水中を再調査

カナダの総理大臣も喜びを表明!サー・ジョン・フランクリンがカナダ北極圏探検で乗った船が発見(1845年) 日本の首相も鷹島の発見は喜んだのか?

ニュージーランドで最古のカヌー? 最初の移民の定説とされる時期より100年早い…

1533年にクロアチア沖で沈没した船を調査(テキサスA&M大学)

スペイン・アルマダ艦隊の舵が発見

 

この他にも関連のニュースはいろいろありますが、今日はこの辺で。

 

インドの海事文化戦略 Project Mausam

中国はここ最近海洋政策を打ち出して積極的に南シナ海やインド洋にも影響力を伸ばしてきています。これは、海洋資源の獲得だけでなく様々な要因(主に経済的ですが…)を含んでいます。中国は明の時代の海洋政策(鄭和の大航海)の歴史を持ち出し、過去においてインド洋(アフリカ東海岸)との繋がりがあったことや、平和的(?)な交友を強調しています。数百年前の中国の海洋文化を再発見し、現代の社会にそれをオーバーラップさせて中国の影響力を様々な地域で広めています。

中国の海洋政策は歴史や文化のリバイバルも含めた一つのおおきな動きとして捉えることが出来ます。過去の中国の海洋国家の歴史を現代にも再現しようというものです。実際に、ケニアの水中考古学チームと合同研究を行っています。そして、インドやスリランカにも文化・経済的な影響力を強めようとしています。

さて、この現状でインドが中国に「対抗」する手を打ち出しつつあるようです…インドも過去の海事国家としての栄光の歴史を呼び戻して、現在の制作に意義を与える動きがあるようです。それがプロジェクト・マウサム(Project Mausam)このプロジェクトの目的ですが、考古・歴史資料からインド洋の海事史を再発見することにあります。また、スリランカ、アフリカ海岸、アラブ諸国、東南アジアとのつながりを重視し、海を介して共有する文化を学ぶことにあり、学際・国際研究を通して広く一般にも地域の海事文化を知ってもらうことにあるようです。

このプロジェクトでは海事歴史景観のコンセプトやUNESCOなどとも協力をしながら様々な研究を行っていく模様です。プロジェクトのゴールは1)過去に存在した地域の共有の海事・海洋文化を再発見し、それをこれからのあたらしい国際関係の考え方にも反映していくこと。2)一見すると個別に見える各地に存在する文化遺産であるが、過去においては文化的な繋がりが存在していたことを確認すること。3)海事・歴史景観を再確認し、広く共有する文化を確認し、現在の国家や民族の在り方を考え、今後の国際関係の安定した発展に寄与する。4)インド洋全体で海事を中心とした世界文化遺産の考え方を生み出し、観光や文化遺産の保護に役立てる…とあります。

もちろん、水中・海事考古学がこの国家文化プロモーションプロジェクトに関わってくることは間違いないと思います。詳細はまだわかりませんが、ここ10年のインド・スリランカの水中考古学の発展を見ると納得がいく政府の動きであるように見えます。中国・インドと国が海事文化の理解を示し、経済発展や国家同士の友好のプロモーションとして打ち立ています。世界的に見ても、海事文化が見直され、海事博物館が建設されたり、水中(海事)考古学が重要視されてきています。UNESCO水中文化遺産保護条約も50か国が承認しています。そのようななか、日本はどうでしょうか?

もしかして、中国と対立と思うかもしれませんが…?水中考古学が国家戦略に使われる?まあ、どちらも平和的な交友と経済発展を望んでますので、良いことでしょう。大きな成果を期待してます。

Mausam Project

こちらのニュース記事もご覧ください

 

水中考古学:講演会のお知らせ

改めてご連絡いたします!9月27日(土)に、福岡にて水中考古学の講演会を行います!

2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所西日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)

日 時:9月27日(土) 14:00~17:30

場 所:福岡市埋蔵文化財センター(研修室)

http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/guidance.html

「ミニシンポジウム:アジア太平洋地域水中文化遺産会議からのメッセージ」

報  告:

1.「世界の水中文化遺産保護の取り組み」

ランディ・ササキ(アジア水中考古学研究所会員)

2.「アジア太平洋地域水中文化遺産会議から見えてきたもの」

今林 隆史(RKB毎日放送)

3.「南西諸島の水中考古学:現在の到達点と未来への展望」

片桐 千亜紀(アジア水中考古学研究所理事)

4.「水中文化遺産としてのアリゾナと記憶としてのアリゾナ」

中西 裕見子(大阪府教育委員会)

パネル・ディスカッション:

1.「これからの日本の水中考古学」

岩淵 聡文(アジア水中考古学研究所理事)

2.総合討論

討論の後、懇親会がございます。どなたでも参加OKですので、出席ご希望の方は事前にご連絡をお願いしております!

お問い合わせは shipwreckarchaeology@gmail.com までお願いいたします。

水中考古学に関する講演はなかなかないので興味のある皆様にはとても良い機会だと思います。また、興味のない人にこそ来てほしいと思っています。というのも、水中遺跡を発見するのはほぼ決まって考古学者以外の人です。海を大切にする人、海と関わる仕事をしている人に参加してほしいと思っております。

symposium-underwater

考古学史は塗り替えられる…世界最古の沈没船発見?

世界最古の沈没船発見か?

トルコ沖でアンカラ大学の研究者によって発見されたようです。およそ4000年前に沈んだとされていますが、詳細はまだ不明。この付近にオスマン帝国時代の沈没船などもあり、そちらの船を調査中に偶然発見した模様。(ニュース記事からではあまり良く分かりません…)これから具体的な調査を進めていき、脱塩処理や保存処理などおこなうため、具体的な成果は見るには10年以上は掛かりそうですね…

今のところ、最古の発掘された沈没船はウル・ブルン沈没船で、3300年前ごろの船です。こちらもトルコで発見されています。もちろん、沈没船ではなく、船自体は残っているケースもあります。有名な例ではエジプトクフ王の太陽の船など。また、丸木舟なども数千年前のものもあります。

最古の沈没船ではないですが、つい先日、マルタ沖でフェニキア人の船でおよそ2700年前の沈没船が発見されています。こちらもいまのところ詳細はまだ分かっておらず、これら調査を開始するとのこと。

また、デンマークでも最古の船が水中から発見されたニュースが報道されています。こちらは丸木舟ですが、舷側版を足していたようで、修復の跡などが発見されています。デンマークは石器時代の住居跡なども多く発見されているので、その一つから船が発見されているようで、厳密な意味で沈没船ではなさそうです。(岸に破棄されたものが水位の変化で水没した?)遺跡が形成された要因が沈没によるものではないので…こちらは調査が進んでおり、先月デンマークに視察に行った際にもこの遺跡について話を聞いてきました。

1980年代に発見されたウル・ブルン沈没船も最古の例の席を譲るときがきたようですね…今度本を出版する機会があれば書き直さないと行けませんね。

読売新聞の記事について…

8月25日の読売新聞に水中考古学について記事が載っていた。オンラインではごく簡単に触れているだけだが、実際の新聞記事はもう少し掘り下げて書かれていた。

内容であるが、基本的には今までのニュース記事と同じである。近年、長崎県鷹島で発見された元寇の沈没船が話題を呼び、注目を集める水中考古学。日本には知られている水中遺跡は500件ほど。だが、世界の水中遺跡のマネージメントに比べ日本は遅れている。特に国として方針があるわけではない。しかし、水中での発掘には莫大な費用が掛かるので国としての対策が必要だと…

特に新しいことは書かれていないが、水中考古学を知らなかった人にとっては面白い記事だろう。ある一点を除いて特に間違った情報もなく、この学問に好意をもって書かれているようだ。さて、その間違い(?)だが、水中での発掘は陸の発掘より10倍の費用が掛かるというくだり。

何をもって10倍としているのか不明である。遺跡の範囲のことだろうか?水中遺跡の特色、果たしては考古学という学問の特徴を全く理解していない全く見当はずれな意見に思える。もちろん、このような考えが未だに存在しているのは、我々水中考古学者がしっかりと情報を伝えきれていないという側面もある。そのため、このブログを持って少しでも役に立てたらと考えている。

水中遺跡は有機物の保存状態が良いので、陸上の遺跡からは普通には発見できない遺物が多く見つかる。陸上の遺跡をいくら掘っても発見できないような遺物も水中には眠っている可能性もある。また、沈没船などは一括性の遺物・遺跡であり、その当時の時代をそのまま映し出す存在であり、歴史的・考古学的に研究価値のあるものである。例えば、古代の沈没船で三角縁神獣鏡を運んでいた船が見つかったとしよう。この遺跡の範囲は大きくはないだろうが、計り知れない歴史的価値があろう。

しかし、これは、あくまで発掘をするとなった場合の話である。現在、世界では水中遺跡は発掘をしないで現地保存が基本となるつつある。ユネスコも現地保存を第一オプションとすることを薦めている。また、水中考古学マニュアルの類には、水中での発掘方法はほとんど触れていない。逆に、開発などでやむを得ない場合にのみおいて行う行為であり慎むべきであると書かれている。

水中遺跡も陸上と同じように開発との共存の道を取る。つまりは、開発などをおこなう原因者(工事会社など)が発掘の費用を負担する。陸と全く同じ考えだ。世界では、特に陸と水中の遺跡を区別していない国が多くなっている。ちなみに、日本の法律には水中遺跡について言及されていない、世界的に珍しい国である(他のアジアで水中遺跡についての法律がない国はモンゴルと北朝鮮)。工事会社は、もちろん発掘に費用をかけたくない…つまり、工事建設予定地に水中遺跡があった場合はその場所を避けて工事をする、新しい建設プランを建てる。

欧米などでは水中遺跡のありそうな場所や、今までの工事や他の産業から得られたデータを集約し、水中遺跡のデータベースを作成している。このデータベースは国や地方自治体が管理していることが多い。海の上に建設を行いたい会社はこのデータを基に、水中遺跡がなさそうな場所に工事をする。もちろん、工事の前には事前審査(サーヴェイ)を行う。アメリカ・メキシコ湾では油田のパイプラインに伴う工事で2000件以上の水中遺跡が発見・登録されている。音波探査機など水中を見ることができる機器はここ数年飛躍的に進化し、値段も安くなっている。すでに、ソナーなどは個人で購入できる値段となっている。

基本的には、陸と水中の遺跡のマネージメントは変わらない国が多い。開発に伴う緊急発掘が現実で、その費用は工事会社の負担となる。ただし、水中の大きな違いは、建設のプランが比較的自由に変更できることにある。陸の場合、ビルを建てるとなるとその建設予定地を変えることは難しい。しかし、海の上はそれが容易だ。事前審査をしっかり行って水中遺跡を壊さない場所に施設を移動することに建設会社にとって大きな負担とはならない。逆に、遺跡を破壊してしまった時のほうが会社のイメージダウンなどにつながる可能性もあり、それは避けたいことであろう。

少々長くなったが、結局一番書きたかったことは、水中遺跡のマネージメントはそれほどお金を必要としないということ。世界の水中考古学は、これらの開発を行う会社と共存をすることにある。そのシステムに国や地方自治体の協力が必要である。水中遺跡が発見された場合に、その価値を吟味し、そして、真に学術的価値の高い遺跡があった場合において発掘を行うのだ。

以上を考えると、ビルなどの開発のプランがあり、その範囲内に遺跡があったら発掘を行うことが当たり前となっている陸上の遺跡のほうが極端にお金がかかるように思える。開発のプランが提出されても、実際に発掘を行うことが少ない水中遺跡は効率が良いと考えられる。

水の上で開発を行う際にサーヴェイなどの義務化、水中遺跡のデータベース作成など、国や地方自治体ができることは充分ある。今、日本はようやくその道を模索し始めている。

 

 

 

 

 

 

NHK 歴史秘話ヒストリア 海賊の町

17世紀、カリブ海で繁栄した海賊の町があった。現在のジャマイカ、ポートロイヤルだ。回りをスペイン領に囲まれながらイギリス領の島として栄えた。おなじみ映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも登場する町だ。当時、この町の地価はロンドンよりも高かったらしい。しかし、海賊が集うこの危険な町は、地震によって起こった液状化現象と津波で壊滅してしまう。町の大部分が海の底に沈んでしまった。

20世紀にはいり、ダイビングの技術が発達すると、旧ポートロイヤルの海底に沈んだ町があることが判った。その後、水中考古学の学術調査などが行われ、様々な歴史の謎が解明されていく…

さて、そんなポートロイヤルについて、NHKの歴史番組、『歴史秘話ヒストリア』が特集を放送するそうです。このサイトの管理する私も少し協力しました。実はこの遺跡を発掘したテキサスA&M大学は私の母校でもあり、この遺跡から発掘された遺物のいくつかは私が保存処理を担当したこともあります。

なかなかおもしろそうな内容ですので、是非ご覧あれ!ビデオ予約もよろしくお願いいたします!再放送も見逃さずにね!

 

NHK 歴史秘話ヒストリア

よみがえる幻の海賊都市

平成26年8月27日(水)22:00~

再放送:翌週水曜00:40~(火曜深夜)

沖ノ島・宗像大社を世界遺産へ

沖ノ島・宗像大社関連施設(遺跡)などを世界遺産に登録しよう!という動きがあるのをみなさんはごぞんじでしょうか?

沖ノ島は九州の沖に浮かぶ海の正倉院などと呼ばれる島で、島全体が御神体とされています。アクセス制限が厳しいので有名ですね。縄文・弥生など貴重な遺物が数万点発見されています。この沖の島と対岸の宗像大社など日本の歴史・文化を知るうえで貴重な存在です。九州から約60キロ離れた玄界灘に浮かぶこの孤島…その周辺など水中遺跡(主に沈没船)が相当あるのではないでしょうか?そんな場所をソナーなどで探査し、遺跡を発見出来たらどんな遺物が発見されるのでしょうか?

海の正倉院へ向かう船にはどんなものが積まれていたのでしょうか?海の中ですから有機物の保存が良好です。そのため、陸では完全に腐って見つかることのない珍しい遺物も多くあるのではないでしょうか?国宝級の発見が期待できるのかも…

そんなプロジェクト、現実のものにしてみたら面白そうですね!海事・水中考古学の魅力もアップするのではないでしょうか?

アジア水中考古学研究所西日本会員連絡会のお知らせ

9月に福岡で水中考古学の講演会を行います!皆様の参加をお待ちしております!

2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所西日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)

を下記の内容で開催します.

日 時:9月27日(土) 14:00~17:30

場 所:福岡市埋蔵文化財センター(研修室)

http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/guidance.html

「ミニシンポジウム:アジア太平洋地域水中文化遺産会議からのメッセージ

報  告:

1.「世界の水中文化遺産保護の取り組み」

ランディ・ササキ(アジア水中考古学研究所会員)

2.「アジア太平洋地域水中文化遺産会議から見えてきたもの」

今林 隆史(RKB毎日放送)

3.「南西諸島の水中考古学:現在の到達点と未来への展望」

片桐 千亜紀(アジア水中考古学研究所理事)

4.「水中文化遺産としてのアリゾナと記憶としてのアリゾナ」

中西 裕見子(大阪府教育委員会)

パネル・ディスカッション:

1.「これからの日本の水中考古学」

岩淵 聡文(アジア水中考古学研究所理事)

2.総合討論

水中考古学に関する講演はなかなかないので興味のある皆様にはとても良い機会だと思います。また、興味のない人にこそ来てほしいと思っています。というのも、水中遺跡を発見するのはほぼ決まって考古学者以外の人です。海を大切にする人、海と関わる仕事をしている人に参加してほしいと思っております。

symposium-underwater

海の日ですね~

本日、7月20日は海の日と制定されています。

海の日は割と最近できたコンセプトですね。日本人の海離れが進んでいます…海離れについては、ここでは改めて書きませんが、多くの人が海に行く機会が減っているようです。海が嫌いな子供や海で遊んだことがない若者が増えているようです。最近、海に行った人はどれくらいいますか?海水浴だけなどではなく、本当に海と時間を共にした人はどれくらいいるのでしょうか?

四方を海に囲まれた島国である日本。海岸線の長さも世界6位です。アメリカ・中国・オーストラリアなどよりも日本のほうが海岸線が長く、多くの人にとって海は本当は身近な存在です。世界では海を見たことがない人がいますが、日本人で海を見たことがない人はいるでしょうか?それほど日本人と海は本当は深くかかわってきたのです。逆にあまりに生活の一部として身近であり、その大切さを忘れているのかもしれません。

さて、水中考古学ですが、海外では海事考古学(Maritime Archaeology)と呼ばれているのが一般的です。人類と水域(海・川・湖など)とどのようにかかわってきたかを学ぶ学問として捉えられています。つまり、その研究対象は港、船、人々の海産物の利用(釣りなど)、そして、水域を介した交易や戦争の歴史などです。つまり、船が山の上にあればそれを研究します。たまたま研究の対象となる遺跡・遺物が水没していることが多いために水中考古学と呼ばれることが多いのですが、日本では特に「水中の発掘の専門屋さん」としての間違ったイメージが定着しているようです。

この海事考古学は海からの視点で歴史を眺める学問です。実は水中海事遺跡は身近なところにたくさんあります。琵琶湖だけでも100件に及ぶ遺跡があります。長崎県には元寇で有名な鷹島五島列島(牡鹿島)にも遺跡はあります。長崎市内でも博物館や出島でも海や船に関する遺物などが展示されています。沖縄県にも水中遺跡は数件あります。また、鎌倉には鎌倉時代の港跡である和賀江島、千葉県には勝浦のハーマン号御宿のサンフランシスコ号、和歌山県串本のトルコ軍艦静岡県にも水中遺跡はいくつかありますし、北海道江差の開陽丸、瀬戸内海では水の子岩坂本龍馬のいろは丸など。村上水軍関連のスポットもいいかもしれませんね。

夏休み、水中・海事遺跡を見に行きませんか?

近場の水中・海事遺跡について実際に見に行きたい、知りたいという方がいればお気軽にお尋ねください!

メールはこちらへ(shipwreckarchaeology@gmail.com)

 

 

文化遺産の眠る海~電子書籍でも

東京海洋大学の岩淵教授が書かれた水中考古学の専門書、『文化遺産の眠る海』が電子書籍化されました

興味のある方は是非ご購入を!

水中考古学についてもっと詳しく知りたいと思う方には必読の書です。少し難しいかもしれませんが、水中考古学の詳しく正しい知識を得たいとおもえば現在のところこの本しかありませんね。『沈没船が教える世界史』などを読んで物足りなかったり、もっとこの分野について知りたいと思った方はどうぞ。また、考古・歴史を学んでいる学生、大学院生、もちろん大学の教授や行政担当の人も水中考古学は聞いたことがあるが良くわからないと思っている人には是非読んでいただきたい良書です。

もちろん本屋さんやアマゾンでも買えます!