水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

松浦市職員採用試験案内!考古学者求ム!潜れる人…

元寇の島、松浦市鷹島。皆さんご存知の元の船が発見された鷹島海底遺跡。今日は、その鷹島で考古学者として働きたい人には良いお知らせです。

なんと、学芸員(考古学) の求人が上がっています。条件に、「潜水士免許を取得している者又は採用後、潜水士免許を取得する意思がある者」とあります。つまり、鷹島海底遺跡の調査などに関わるお仕事です。このサイトで、過去に何度か外国の求人情報を出したことがありますが、もしかしたら、日本国内で水中考古学に関わる仕事の紹介をしたのは、これが初めてかもしれません。

現在、日本で水中考古学専門で仕事についている人はほとんどいません。鷹島の遺跡と日本の水中考古学のためには、本当にこの仕事をしたい熱意のある人についてもらいたいと思っています。個人的には、今後の日本の水中考古学の未来を背負って立つ人のために開かれた門だと思います。

大きなチャンスです。やる気のある人は挑戦あるのみです。Good Luck!

 

ネットで探せる徒然なる水中考古学の記事

 

まあ、簡単に言うと、水中考古学のリンク集です。特に、連載もの(終了したものも含む)などを拾ってみました。また、水中考古学の研究を行っている団体(アジア水中考古学研究所:ARIUA)のサイトもリンクを紹介しておきます。

どれも、このサイトで紹介したことのあるものばかりではありますが…

 

PADI 連載コラム 海の遺跡 (連載終了)

 

月刊ダイバー 水中考古学

 

産経ウェスト 水中考古学へのいざない 井上たかひこ先生コラム

 

水中に眠る文化遺産から歴史の謎を解き明かす「海に沈んだ歴史と宝物-水中考古学の魅力」講演会より (東京海洋大学岩淵教授)

 

ナショナル 塩グラフィック 研究室に行ってみた。東海大学 海洋考古学 小野林太郎先生

 

アジア水中考古学研究所(ARIUA)

 

ARIUA 海底遺跡ミュージアム構想

 

 他にも水中考古学・水中文化遺産関連のサイトなど探してみるといろいろ出てくるかもしれませんよ!

 

蒙古襲来に新たな見方?

朝日新聞で、2017年1月8日の記事に『勝因は「神風」ではなかった? 「元寇」に新たな見方』といものがありました。

元寇(蒙古襲来)の新事実としており、近年出版された服部先生の本や、ベトナムのバクダン川の木杭、鷹島の調査などなどについて触れています。非常に読みやすく、大きな間違いもそれほどないでしょう。

しかし、本当に最新なのか?どうして今、記事になったのか、少しわかりません。蒙古襲来について、むかーし学校で習った程度しか知らない人にとっては読みごたえのある記事だと思います。最新の研究は、もっと先をいています。

鷹島の遺跡や最新の水中考古学の成果など、調べてみるといろいろあるかもしれません。

日中韓文化遺産フォーラム 水中文化遺産の保護と活用

後ほど、詳しく再度お伝えいたしますが、とりあえず、やっと九博HPにアップされたので情報を提供いたします!

平成29年2月12日(日)に、文化庁・九州国立博物館の共催により、「日中韓文化遺産フォーラム:水中文化遺産の保護と活用」を開催いたしますので、お知らせいたします。
海や湖などに存在する遺跡(沈没船など)は、水中文化遺産と呼ばれ、世界でその保護が進められています。このたび、中国・韓国・日本の専門家を迎え、各国の先進事例と保護・活用の取組をご紹介いただき、今後の国際的な研究協力の促進に寄与したいと考えております。

平成29年2月12日(日)
10時00分〜15時45分(受付9時30分〜)
会場:
九州国立博物館1階ミュージアムホール
入場料:無料(定員250名)
事前申込み制・先着順

プログラム:
10時00分〜10時25分 開会挨拶
10時25分〜13時50分 講演(休憩11時55分〜13時10分)
〔1〕韓国における水中文化遺産の保護と活用の取組の歴史 李貴永(イ・クィヨン)(国立海洋文化財研究所)
〔2〕新安沈没船にみる活用とその意義 金炳菫(キム・ビョングン)(国立海洋文化財研究所)
〔3〕中国の水中文化遺産の保護と活用の体制 刘丽娜(リュウ・リーナ)(西安交通大学)
〔4〕南海1号沈没船の引き上げと今後の活用について 孙键(ソンチェン)(国家文物局水下文化遺産保護中心)
〔5〕日本の水中遺跡保護・活用の現状と課題 禰冝田佳男(文化庁記念物課)
〔6〕鷹島海底遺跡における水中考古学の歴史 池田榮史(琉球大学)
14時00分〜15時45分 討論会「日中韓の水中文化遺産」
司会:赤司善彦(福岡県教育庁)
パネリスト:李貴永・金炳菫・刘丽娜・孙键・禰冝田佳男・池田榮史・佐々木蘭貞(九州国立博物館)

参加希望者は申し込みをお願いいたします!

 

水中考古学~人型ロボット

アメリカのスタンフォード大学とフランスの国立水中考古学のチームが共同で、水中調査専用人型ロボットの開発を行っています。

水中ロボットというと、どうも箱型の機会を想像しがちですが、このロボットは、頭や目、そして両腕があります。水中で人型にする利点はあるのかと突っ込まれそうです…が、しかし、ロボットの目で受けた情報は、そのまま陸(船)に送信されバーチャル(3次元)で映し出されます。この映像に対して、操作する人は自分の手を動かば、ロボットもそれと同じ動きをするようです。つまり、ロボットは、アバターとして水中で調査をしてくれるようです。

まだ、いくつか克服しなければならない技術的な問題はあるそうですが、数年以内には充分に実際の調査で使用できる状態にまで持っていけそうです。17世紀の沈没船もこの調査のフィールドとして選定されています。

詳しくは、リンク先のページにて確認してください。

まだまだしばらくは研究開発が続きそうですので、追っていきたいと思います。

毎月恒例。井上たかひこさん~水中考古学へのいざない

産経Westで毎月恒例となっている、井上たかひこさんの連載記事です。

今月のタイトルは…

エベレスト登山より危険! 命懸け「タイタニック」探索ツアーで恩師が見た生々しい遺物

はい、タイタニック号についてです。世界で最も有名な沈没船(2番目かも…)ではないでしょうか?私の中では、松浦市鷹島の元軍の沈船が一番です。

タイタニックは公海で発見されているので、保護や遺跡へのアクセスなど色々な問題があります。

井上さんの記事を読んでみましょう!

 

 

真珠湾の特殊潜航艇~水中ロボットからライブ配信!

今年は、真珠湾攻撃から75周年です…

12月7日(日本時間の8日深夜~午前中)にかけて、ハワイ島周辺に沈む2隻の潜水艦(特殊潜水艇・甲標的)の調査が行われます。水中ロボットによる調査ですが、その映像がライブ配信されます!真珠湾作戦では飛行機による攻撃がよく知られていますが、特殊潜水艇の働きもありました。

研究者にチャットで質問できるなどちょっとした記念イベント・メモリアル調査となっています。水中ロボットの調査をリアルタイムで見る機会は、そう多くはないので、興味のある人は目覚ましのセットを!

8日の朝1時~3時ごろと8時過ぎの2回の調査だと聞いています。

ライブ配信はこちら

水中の調査には予期せぬできごともあるかもしれません…例えば、新種の生物の発見なども考古学調査中にあるかもしれません。

追記:あべ首相も月末に真珠湾に向かうそうですね…ちなみに、太平洋戦争での日本人最初の捕虜は潜水艇乗組員で、また、最初に亡くなった方もそうです。最初に発射された「弾(アメリカ軍による)」も潜水艇に向けられたものでした。日米の歴史、戦争を語るうえで真珠湾と潜航艇の物語は大きな意義を持ちます。

NHKスペシャル 戦艦武蔵の最期

戦争ネタで続きますが、Nスぺで戦艦武蔵特集。

2016年12月4日(日)
午後9時00分~9時49分

つい数年前、フィリピン沖で発見された武蔵の映像も見れるそうです。NHK独自の取材もしたとか。どのような内容になるのか、正直分かりません。この手の番組は、何らかの形で個人的に関わることも多いのですが、今回は、お呼びがかかりませんでした。

どこまで「事実」がわかったのか、わからないのか… また、今後の武蔵はどうなるのか?きちんと保護されるのか?劣化が進んでいくのをどう対処していくのか?果たして踏み込んだ内容に触れるのか?

調査時の水中ロボットの映像はリアルタイムでネット配信してたのも考えると、「ただ発見しましたよ!」だけでは終わってほしくない番組ですね。

インドネシア沖で消えた軍艦…

スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた…

とのニュースです… 第2次大戦時の海戦で沈没した連合艦隊が海底で発見され、科学的な調査や記念式典などが計画されていたそうですが、忽然と姿を消したようです。

多くの戦死者も出たので、遺骨などもあり、戦争のメモリアルとして残すべきはずだった。しかし、どうやら違法にサルベージされてしまたようです。インドネシアでは、歴史的沈船などもこれまでサルベージされ、オークションなどで遺物が売却された事もありました。しかし、政府が沈没船の文化財としての価値に気が付き、水中文化遺産として保護していく新たな取り組みが行われようとしていた矢先の出来事。

軍艦などは、政府の所有権が明確に示されるため、保護の権限は旗艦本国にあるのが通常の考え方ですが、国際法でも曖昧な部分が多く残されています。なにせ広い海の遺跡をどのように保護するのかも難しい問題として残されています。

今回の事件、今後、世界の沈没船保護をどのように進めていくのか、一つの大きな転機となるのか?

元記事もリンク先で。

シンポジウム「元寇の島鷹島を水中考古学の拠点へ」が開催!

元寇終焉の地鷹島!沈没船の発見で一躍有名になった鷹島海底遺跡…しかし、国の水中遺跡を管理する体制の整備は他国に後れを取っています。

松浦市では、このたび、シンポジウム「元寇の島鷹島を水中考古学の拠点へ」を開催します!

受  付   12:30~13:00
開  会   13:00
基調講演  13:10~13:55 「日本における水中遺跡の保護」
基調報告①  14:00~14:45 「鷹島海底遺跡における発掘調査状況」
基調報告②  14:50~15:35 「鷹島海底遺跡における発掘調査・活用事例」
パネルディスカッション 15:50~16:50
閉会  16:55

詳しくは松浦市のページで☑!